コタロー幼稚園児になる。清水アパートアイドル「コタローは一人暮らし」2話

コタローがアパートに引っ越してきてからというもの、大人しか受け入れなかったパートが、

 

なんだか少し華やかになったような気がする。特に狩野にとっては生活ががらりと変わったのではないだろうか。

 

事あるごとにコタローのことが気になり、寝る時もコタローの部屋の隣の壁に寄り添うように寝た

コタローは狩野の気遣いに気付いたのか、薄い壁の向こうから聞こえてくる、狩野の小さないびきに安心して眠った。

 

そして、朝からコタローは大忙し!!何せ部屋の前はちゃんと掃除しないといけないのだから。

 

しかも、鳥のフンがこびりついてなかなか取れない。とっているうちに新たな鳥のフン・・・。

 

うんざりとしたところへ転んでしまったコタロー。狩野は何の音かと思ったが、気にすることなく仕事に没頭していた。

 

 

すると、コタローが部屋に来て満足そうな顔で「わらわは一人でも怪我の手当てくらいできる!!

 

と、両膝ばんそうこうだらけの足を見せた。「前は消毒が痛くてできなかったが、今回はできた」と、とても満足気。

 

ちょっと大人になった「アピール」を狩野にしに来たのだろうか!?すると狩野はテーブルに腰掛けさせて

 

ぺたぺたと両膝一面に貼ったばんそうこうに、コタローの好きな「とのさまん」の絵をかいてあげた。

 

ますます嬉しそう。そして狩野は初めてコタローが笑ったのを見た。

コタローお出かけ

コタローの部屋が開いた。気になった狩野はドアを開けてみると、入念に鍵をかけるコタロー

 

いつもと違う【服】にどこへ行くのかと尋ねると、「わらわは幼稚園へ行ってまいる」というので、付き添おうとすると、

 

「幼稚園くらい一人でも行ける!!ついてこなくてよい!!

 

と、言われてしまい、おとなしく引き下がったところへ、端に住む美月が「あぁ~一緒にドーナッツ食べようと思ったのに

 

と、残念そうに出てきた。そこへ1階に住む少しガラの悪いおじさんもやってきて、コタローを抱きしめようとするが

 

逃げ惑うコタロー田丸は本当は大の子供好きで、自分にも5歳になる子供がいるが、離婚して以来会ってもらえない。

 

そこで、「これ子供にあげようと思ったけど、あえないかったから」ととのさまんのぬいぐるみをコタローにあげた。

 

すると、「わらわは誰かの代わりになどならぬ!誰かのものを代わりにもらうことはせぬ!」

 

と、びしっとした物言いで、ぬいぐるみを田丸に返し、一人幼稚園へ向かった。

初めての幼稚園

みんなが親の付き添いで登園する中、一人で来たコタローを不思議に思う、新人保育士の花輪。

 

しかし、園長から話を聞いているからどうぞ。と主任が対応に出たことから、花輪はコタローに名札をくれた。

 

それを一生懸命自分の胸あたりにつけるが、うまくつかない。それでも何とかついた。

 

そして、みんな一日を過ごすと一人、また一人とお迎えが来て帰っていく。だけどコタローにはお迎えはない。

 

そこへアパートの面々がやってきた。そして狩野は「我慢しなくていい。できないなら人をちゃんと頼れ!」

 

というと美月に「名札がうまくつけられぬ」といい、付け直してもらった。そして、美月たちと一緒に帰ることができた。

 

しかし、コタローが幼稚園に行っている間にやってきた女性は誰だったのだろうか・・・!?

 

コタローに会えなくて上司に「これが本当に弁護士の仕事ですか?」と問い詰めていたのだが・・・。

「コタローは1人暮らし」


2021年春テレビ朝日の新作ドラマ一覧

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA