Whiteberryで大ブレイク後、高校卒業で解散、その後うつ病を発症した前田由紀

広告

「夏祭り」の大ヒットで知られているガールズバンド「Whiteberry」

彼女たちが注目を浴びたのは、ただのガールズバンドではなく中学生でメジャーデビューを果たしたこと。

そして、1980年代からのバンドブームでデビューした「ジッタリンジン」のヒット曲、『夏祭り』のカバーで大ヒット!!

その後それぞれが高校卒業後の進路の違いから、解散をしました。

約5年間でしたが、音楽シーンには強烈なインパクトがあったガールズバンドだったのではないでしょうか!?

そんなバンドの中心メンバーともいえる前田由紀さんが、バンド解散後「うつ病」を発症していました。

 

前田由紀プロフィール

 

名前 前田由紀(まえだゆき)

*2019年10月12日結婚

生年月日 1985年10月12日

血液型 A型

身長 157㎝

出身地 北海道

出身校 北見藤女子高等学校

デビュー 1994年

所属 whiteberry ボーカル

レーベル MUTOWN RECORDS

 

ギターを担当していた稲月彩が、小学校1年生の頃から、父の影響でギターを弾いており

母親の経営する洋服店に、「バンドメンバ―募集」のチラシを掲載し

1996年に小学生バンド「ストロベリーキッズ」に加入したのが音楽活動の始まり。

その後1999年に「Whiteberry」としてメジャーデビュー。

2000年9月にカバーした「夏祭り」がオリコンチャート3位となるヒットを記録し、その年の第51回紅白にも出場。

しかし、それぞれが高校を卒業すると、進路が分かれてしまい、バンドでの音楽活動が難しくなり

約5年のバンド活動を終え、前田は一人でシンガーソングライターとして活動を続けていた。

 

前田由紀を襲ったうつ症状

ソロのシンガーソングライターとして活動するも、ライブで求められるのはバンド時代の曲。

ソロとしてなかなか思うように活動ができず、仕事の依頼もなくなってきたころから

うつ症状が現れ始めた

不眠症

夜突然の徘徊

幻覚

部屋に誰か入ってくる恐怖感に襲われる

バンド活動も思うようにいかなかったのか、アルバイトをいくつもしながら

生活をしていかなければいけない中で、うつ病ともたたかっていた。

しかし、2016年に東京から実家のある北見に戻ったことがよかったのか

今は、バンドの元ギター彩さんが店長を務める子供服店で、1日8時間のアルバイトができるまでに回復している。

そして、彩さんの紹介により2019年10月に漁師の男性と結婚をした。

現在は、夏7月から9月にあるイベントを中心に、歌手活動をし、「夏祭り」を歌いイベントを盛り上げている。

 

 

うつ病を克服した芸能人たち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です