入院30日目体調が全くすぐれない

広告

今日は週に3回しかない、入浴の日ですが、朝から体調がすぐれず、不安を止めるレキソタンを飲んだのですが、動悸が止まらなかったです。

その後も体調があまりよくなく、特に目が痛いのと頭が痛いのと体がふわふわするのと…

目が痛いのはスマホのみすぎと言うこともあるので、目薬をしてホットタオルで目を休めています。

 

数日前から続くふわふわ感

実は数日前から、体がふわふわとしてよろける時があります。

まるでレキソタンの副作用がずっと続いているような感じです。

しかし朝のバイタルチェックでは、熱もなく薬も正常血圧も正常と言うことで異常はありませんでした。

しかし今日は起きているのも辛いので、布団の中で過ごすことが多いです。

昨日は逆に布団の中にいることの方が少なかったのですが、体がなんだか思うように動きません。

レキソタンが今5ミリグラムで出ているので、その容量が多いのでしょうか?

レキソタンを減らせばこのふわふわ感もなくなるのでしょうか?

しかし朝のバイタルチェックでもうまく説明できなかったので、次回診察の際先生に必ず話そうと思います。

 

酷かった便秘

もう数日も便秘が続いていて、お腹も張ってきて辛い状況でした。

しかし先生の診察がないと、便秘薬も処方されないので我慢するしかありませんでした。

そこで友達に、応急処置的に「ごぼう茶」を買ってきてもらいました。

小さなティーバックがいくつか入っているので、水筒にお湯を入れてお茶をつくります。

水筒は750ミリリットル入るものですが、けっこうな量飲んでしまうのですぐになくなります。

ちょうどタイミングも良く、先生の診察があり便秘薬が処方されたので、ごぼう茶と便秘薬でどうなるかと思いましたが、7回ほどでお腹がやっと元通りに凹んでくれました。

ちょうどタイミングも良く、先生の診察があり便秘薬が処方されたので、ごぼう茶と便秘薬でどうなるかと思いましたが、7回ほどでお腹がやっと元通りに凹んでくれました。

入院中は何かと動くことが少なくなるので、腸の動きも悪くなるのでしょう。

ガスは毎日出すが、膨らんでいく一方でご飯ばかり食べているようです。

便秘薬に頼らずに、このごぼう茶でしばらく乗り切っていこうと思います。

昨日は便秘薬を飲んでいませんが、すでに何とかお通じがありました。

皮ごと入っているのが、効果的なのでしょうか?独特の匂いがしますがすぐに慣れました。

ただお茶と言う感じはしないので、別の飲み物として考えた方がいいかもしれません。

1日に4パックほど使ってしまうので、すぐになくなりそうです。また予備を買ってきてもらわないといけないですね。

そして退院する頃には、増え続けていた体重が少しでも減ることを望みます。

病院の食事は基本的に、どんぶりご飯なので量が多いのですが、朝は極端にどんぶりご飯と味噌汁だけと言うとてもシンプルな食事になるので、極端すぎるところもあります。

しかしさすがに毎日、どんぶりご飯を食べるわけにもいかないので、野菜を中心に食べて、ご飯は半分ほど残しています。

それでも1日おきの入浴のたびに体重を計ると、必ず体重が増えているので困ります。

でも今回は、かなりお腹がすっきりしたので前回よりは体重がかなり減っていると期待しています。

 

うつ病の入院日記

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です