うつ病を克服した人気ミュージシャン「米津玄師」さん

広告

今や、知らない人はいないでしょう。

名前はしらなくても、メロディーは聴いたことがあるでしょう。

確かオリンピックのNHK公式ソングをてがけたり、人気ミュージシャンへの楽曲提供も行っているので

本人歌唱でなくても、作り手としてクレジットされていることが多いです。

 

米津玄師さんプロフィール

View this post on Instagram

⚡️

A post shared by 米津玄師 kenshi yonezu (@hachi_08) on

旧活動名 ハチ

名前 米津 玄師(よねづげんし)

生年月日 1991年3月10日

出身地 徳島県

身長 188cm

血液型 O型

職業 歌手 作詞 作曲

趣味 絵

事務所 SME Records

 

2009年頃より、「ニコニコ動画」などネットを中心に【ハチ】名義で活動を始める。

その後2012年に本人名義のアルバム『diorama』でメジャーソロデビュー。

その後レーベル移籍を繰り返し、2017年発表のアルバム『BOOTLEG』が賞を受賞したことで名がメジャーとなる。

  • CDショップ大賞
  • 第60回日本レコード大賞

翌年発表した「Lemon」が、ドラマ主題歌に採用され、ドラマのヒットとともに、ヒットメーカーとして

全国区に知れ渡り、年末の紅白歌合戦に初出演をした。

「Lemon」は国内外で評価が高く、ビルボードにも日本版で年間首位をキープし

平成生まれとして初となる、300万ダウンロードを記録している。

※姉妹サイト「我が家は凸凹ファミリー」より転記

 

米津玄師さんのうつ体験

View this post on Instagram

⚡️⚡️

A post shared by 米津玄師 kenshi yonezu (@hachi_08) on

米津玄師さんのメロディーが人を惹きつけるのは、彼自身が20代にして

様々な苦難をのりこえてきたからこそ。そして「発達障害」により、米津さんの世界観が、うまく音楽という形で表現されているからこそ。

しかし、彼には発達障害だけでなく、遺伝性の高い「マルファン症候群」を発症しています。

50%の確率で親から遺伝するか、本人が突発的に発症するか。

その辺りははっきり公言していませんが、人間を作り出す「コラーゲン組織」に異常をきたすため

血管、骨、眼球など様々な場所に症状が現れます。

米津さん自身は

周りより四肢の成長が早く、細長く伸びた手足が気持ち悪く感じ、いつのまにか体型をカバーする洋服ばかりきていた。

そして、背が高いためか、背骨も湾曲しやすいそうです。

 

いつ頃か、明確に時期は公表していませんが、おそらく20歳前後に「うつ病」を発症し、あの時の思いは二度としたくない。

と、回想しています。

 

原因は親との確執。とも言われていますが、米津さん自身が抱える

障害や病気が少なからず、引き金になっている可能性もあります。

24時間があっという間に過ぎる

そうかと思えば、1時間で済むはずの買い物に、半日以上を費やしたり、

ふと、起きると24時間眠り続けていたり。

症状は人それぞれですが、「買い物」などは、私も経験あります。

  • 買い物に来たのに、何をどれだけどこで買えばいいかわからない。
  • 目の前にあるのに、買うべきものがわからない。

結果的に1つ買うだけでも、1時間以上かかったり、眠る事もわかります。

普段は眠れなくても、ふと強い眠気に襲われ、眠らずにいられないのです。

 

米津さんがどのように克服したかは、公表されていませんが

音楽と絵が米津さんを救ってきたのではないでしょうか。

うつ病になると、何もしていなくても、頭の中だけはフル回転!!

と、いう時もあります。そんな時、音楽を聴く事で、頭の中を空にすることで、リラックスにもつながります。

 

 

うつ病を克服した芸能人たち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です