入院15日子供に異変が起きる

広告

入院して2週間問題なく過ごしていました。私自身は家にいる時とあまり変わりなく過ごしていました。

食事がご飯食からパン食へと変わったため、パンだけは何とか食べることができるようになりました。

しかし心の中にある分がなかなか消えず、時々号泣してしまいたい気分に駆られます。

 

学校から入っていた山のような着信履歴

私は学校に自分以外の連絡先を教えていません。

それは自分がこうして入院することを、想定していなかったこともありますが、

私以外の人間が、子供を病院に連れて行くと言う事はなかったため緊急連絡先には家族は入れていませんでした。

 

なぜ私以外の家族が、子供を病院に連れて行ったことがないかと言うと、父は身体障害者であり、

母は病院で医者の話をしっかり聞かないので、診断がどうだったのかがさっぱりわからないのです。

その他の緊急連絡先には、私の名前以外は書いていませんでした。

 

昨日の時点で、子供から体調が良くないと言うことをLINEでもらいました。

ただ子供自身がLINEしてきたため、本当なのかどうなのかどのくらい調子が悪いのかということが全くわかりませんでした。

そして体調悪いと言いながらも、嬉しそうなスタンプを送りおやすみと言ってきたので、さほど心配はしていませんでした。

 

実は連休中に体調崩していた

 

先ほど母と電話がやっと繋がり、状況聞いてみると、連休中から体調が悪いと言うことがわかりました。

なぜその時点で、私に連絡をしてこないのか?

その時点で連絡をしてくれれば、服用する薬の指示などができ、元気に今日を迎えたかもしれません。

 

どこの病院へ行ったのか、確認すると「耳鼻科」でした。

時間的にも、てんかんでかかっている総合病院が開いていたので、連絡つかず…

LINEも読まず鼻水=耳鼻科とおもって来たらしい…

なぜ、その前に私になんの相談もなかったのか…、色々ある我が子なので、場面に応じた病院の選択は難しい。

だからこそ、母親は私の連絡先はしっているのだから、どこへ連れて行くべきか判断を聞いて欲しかった。

入院前に残して来たメモは、全て放課後前提だったことがいけなかった。

 

そして、入院時の緊急連絡先。

たまたま、学校からかかってきた時は私がスマホの音を消していたのがいけなかった。

色々、いけないことが重なり、結果がこうなってしまったから、仕方がない。

 

ベッドの中でもこうして、気持ちの整理を付けているところ。

入院時、子どもがいる場合

・学校へ緊急連絡先をおしえること

・預ける人に、子供の様子に変化があればすぐ連絡もらうよう伝える。

・かかりつけ医は、時間帯、症状によりこまかくメモをのこすこと。

・病院へ行く前に、こちらに連絡をかならずいれ、どういった症状で、どこの病院にかかるか伝えてもらうこと。

 

今回は、この一部出も欠けがあったからいけなかった。

自分の母親の性格を熟知しているからこそ、緊急時に勝手に焦って、間違った判断をする可能性があることをすっかり忘れていました。

今回は私の落ち度です。

明日は元気に学校行けるかな…?

 

うつ病の入院日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です