限界を突破していく現実で、家出するも思わぬ騒動に発展していた。

広告

久しぶりの更新になります。やはり「夏休み」の終わりは体調がよくありません。体調というより、心の健康ですね。

 

頓服を増やしてもらい、何とか入院を回避する方向で生活していますが、一緒に暮らす子供には【私の常識】は全く通用しません。

 

そのため、体力の限界でベッドにいても、自分が納得いく答えが返ってくるまで質問攻めにされたり、母屋と離れを行ったり来たり・・・。そんな中で心が削られていきます。

 

母屋で生活する子供

夏休みの大半は子供はほとんど母屋にいます。その理由は「テレビ見放題!おやつ食べ放題!」

 

私はテレビをほとんど見ないので、音がするのが嫌なので、イヤフォンを付けさせますが、子供は夜8時以降のドラマが見たいのです。

 

しかし、子供の生活リズムやパターンを分析すると、夜8時就寝、朝6時起床が一番最低限のLラインなのです。

 

本当は自然に任せて、子供の睡眠時間を見ると、10時間必要なのですが、学校へ行っている分そんな睡眠時間を確保するのは無理な話し。

 

そこで、可なり前から「8時就寝、6時起床」を守らせていたのですが、学年が上がるにつれ、友達との会話についていけない自分に気付き

 

友達が見ている番組を自分も観たい!!という気持ちが強くなり、約束を破るようになりました。

 

結果的に朝起きれず、起きれない時は大抵朝から「かんしゃく」が始まるので、それだけで心が削られていきます。

 

夏休みはいくら「放課後等デイサービス」へ行っていても、かんしゃくを起こすことに変わりはありません。

 

しかも、しっかりわきまえ祖父母の前でかんしゃくは起こさず、私の前ではかんしゃくをおこすので、すごいパワーで私の心を削っていきます。

 

夏休みのイベント

これも祖母が余計なことを言わなければいいのに、「夏休みぐらいどこかへ連れて行きなさい!」というので、そこから「どっか行く!!」

 

と、毎日呪文のように私の心を侵食していきます。お金もないし、すでに削られた気持ちの中、遠くへ運転していくには無理があります。

 

それに今年はコロナ禍で「外出規制」がある中で、「どこかへ連れていけ」と言われても、特別感を求める子供には

 

【宿泊】は必須条件なのです。宿泊して特別な部屋に泊まり、特別な朝食を食べる。できれば夜も特別を好みますが

 

今回はカジュアルなビジホのような場所へ宿泊し、友達に付き添ってもらいコロナ感染対策で車で隣の県へ行きました。

 

水族館と、博物館、どちらも「療育手帳」や「精神書会社手帳」があれば、割引や無料となります。

 

水族館は付き添いも無料なので、3人で入場してもお土産と、飲み物を買ったくらい。ちょうど「イルカショー」が始まる時間だったので

 

「水がかかります」と言われても、日傘でガード!するつもりで、すでに満席で前の方しか空いてないので、前から2列目くらいに座りました。

 

「水がかかる=イルカのごあいさつ」で、会場を回り尾ひれで水をザバン!と書けていくのですが、まぁ水浸しになってもいい思い出でしょう。

 

そして、夕食では予約していたお店が「お盆休み」次に予約したお店も、次も・・・。

 

【営業中】のお店をネットから予約しているのに、言ってみると電気すらついていない。

 

コロナにより、営業時間が短くなっているので、早く見つけないと!!と、テナントの奥に中華の灯りが見えました。

 

ラストオーダー5分前でしたが、何とか夕食にあり付けました。しかも後で見たらかなり評判のいいお店だったようで、子供も大喜びでした。

 

夏休みが終わり・・・。

まだコロナによる自粛が解除されないまま、学校がスタートしましたが、イレギュラーな事ばかりが続き

 

さらに心を削り、子供を朝起こすためだけに、そこは頑張れますが、子供が起きてくると、力が抜けたようにふらふらになるので

 

再びベッドへ戻りますが、その後が起き上がれない。漬物石でも乗っているように、胸が重苦しくて起き上がれない。

 

起きても2~3時間程度の作業が限界!!でも、ここで静養入院にはいってしまうと、学校の役員の仕事もあるし、

 

今ある入院保険を見直すために、最低限「1年間」のブランクが必要。そうなると12月まで入院できない。今までは数日ビジホで自主隔離していましたが、

 

気づかぬうちにネット通販で【散財】してしまい、そんなお金もなくこまっていると、ワーカーさんが【ショートステイ】を紹介してくれました。

 

先日見学へ行きましたが、病室と変わりない個室に、自由に使える洗濯機やお風呂で、生活リズムは崩さず生活できそうです。

 

手続きが終わり、空きがあれば月に1週間使えるそうなので、ビジホへ行くより1/10の費用で済むなら、その手続きを待ちます・・・。

 

と、思っているうちに、子供がまた質問攻め!!何度もそれはできないと断っても、言葉とメールで何度も何度もしつこく攻めてくるため

 

辛くなり、犬を連れて家出しました。犬を置いていくとゲージにおもちゃを放り込んだり、何かを食べさせたりするので、安全のため連れ出しました。

 

行く当てもなくドライブしていましたが、鳴りやまない電話。内容はわかっているので1度も出ませんでしたが、あまりにも電話がうるさいので

 

家出は「1時間のドライブ」で終わりました。すると思いもよらないことが起きていました。私の予想では、母屋に子供は行くと考えていたのですが

 

家からいなくなっては、またさらに私を怒らせるとおもったのか、テレビを見ながら自宅にいましたが、その間に友達に電話をして、心配したその子の親が様子を見に家まで来ていたのです。

 

帰ってきてそっこう「謝罪」もうすり減る心もありませんが、まだショーステイの手続き中なので、何とか自分を騙して行かないと、生き延びれません( ノД`)シクシク…

 


 

桜もちのうつ病記 ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です