うつ病での入院を断られる

広告

かかりつけ医から紹介状をかいてもらい、入院施設のある病院へいきました。

以前、セカンドオピニオンをうけた別の病院の医師より話をしてきいてくれるかな…

ちょっとした期待はありましたが、結果的に入院を断られました。

 

自殺の危険がない

私が断られた第1の理由ですが、自殺未遂しないと入院できないのでしょうか?

そして、話しは私のことではなく、子供のことに…

 

要は、子供の面倒をみないで、療養目的で入院するなら、子供の面倒をみて

発達障害児にてきせつな環境をととのえるべきである。

 

子供の生活環境に限っては、支援事業所、児童相談所、放課後デイサービス

あらゆる使える手段をつかって、子供の生活リズムを整える努力をしています!

 

自分をまっさらにして、生活をみなおしたいなら、母子で住めるアパートを

早急に探して引っ越すべき。

引っ越しができるなら、とっくにしています!

それが、できない環境であり、引っ越しにより病状が悪化する可能性の方が高い。

そのため、引っ越しは子供の感情コントロールが、もう少し上手になってから。

と、考えていました。

 

私には危険性がない

 

まず、私は一人で運転し、病院へいったこと。

過去の話しもなんとかできること。

食事も1日1食は食べれていること。

睡眠もトータル4時間とれていること。

 

こういったことから、命の危険からは遠いと判断されたようです。

あとは、総合医療センターなので、急遽ベッドをあなたのために空ける必要がない。

と、いうことでしょう。

 

すぐに、診察室をでて、看護師の話も聞かず、そのままかかりつけ医に予約をいれました。

 

入院したい!

私は本当に心からのヘルプを求めています。

かかりつけ医へ行く途中、何度事故を起こそうとしたか。起こしそうになったか。

 

でも、そこで、わたしが入院できない事実はなにも変わらないし

先ほどの医師は私が、帰りにショックで事故をおこしたことなどしらない。

とにかく、思い直してかかりつけ医へ急ぎました。

 

再び医療連携での入院をねらう

 

実はまだ、入院施設は他にもあります。精神専用の。

次はそこでの入院を狙います。

精神専用の入院施設の場合

命の危険がある場合閉鎖病棟。

ない場合は療養病棟。

と、しっかりわけられているので、私の友人もそこで療養していました。

だったら初めからそこへいけば?

と、思うかもしれませんが、セカンドオピニオンの時の医師の対応がいけなかった。

10名ほどいる中でハズレをひいた。

しかも、主治医は初診時の医師から変更できないことがひっかかり

今回は違う病院にしたのが大きな間違いだったか…

とにかく、私は入院したいんです!!

 

桜もちのうつ病記 ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です