発達障害を公表している人気ミュージシャン「米津玄師」さん

今や知らない人がいないくらいの人気を誇るミュージシャン「米津玄師」さん。

名前は知らなくても、数々のヒットドラマのテーマソングや、他アーティストへの楽曲提供などをしているので

知らないうちに「米津玄師」さんの作る曲を耳にしているかもしれません。

 

米津玄師プロフィール

View this post on Instagram

⚡️

A post shared by 米津玄師 kenshi yonezu (@hachi_08) on

旧活動名 ハチ

名前 米津 玄師(よねづげんし)

生年月日 1991年3月10日

出身地 徳島県

身長 188cm

血液型 O型

職業 歌手 作詞 作曲

趣味 絵

事務所 SME Records

 

2009年頃より、「ニコニコ動画」などネットを中心に【ハチ】名義で活動を始める。

その後2012年に本人名義のアルバム『diorama』でメジャーソロデビュー。

その後レーベル移籍を繰り返し、2017年発表のアルバム『BOOTLEG』が賞を受賞したことで名がメジャーとなる。

  • CDショップ大賞
  • 第60回日本レコード大賞

翌年発表した「Lemon」が、ドラマ主題歌に採用され、ドラマのヒットとともに、ヒットメーカーとして

全国区に知れ渡り、年末の紅白歌合戦に初出演をした。

「Lemon」は国内外で評価が高く、ビルボードにも日本版で年間首位をキープし

平成生まれとして初となる、300万ダウンロードを記録している。

 

発達障害について

View this post on Instagram

新感覚

A post shared by 米津玄師 kenshi yonezu (@hachi_08) on

「発達障害」があるかどうかについては、本人自身がインタビューで答えている。

発達障害のなかでも、様々な障害がありますが、本人が語ったのは

【高機能自閉症】

幼少期より「自分は周りと違う感覚を持つ」と自覚していたが

それは「発達障害」からくる、周りとのコミュニケーションの困難さも手伝っていた。

しかし、IQは通常よりも高いため、知能はおそらく同級生よりうえのため、余計に周りとの違和感を感じたのかもしれない。

 

診断されたのは20歳頃というので、それまで「違和感」に苦しみはあったと思われます。

そして、米津さんの場合、発達障害の中でも

  • ひとつのことにこだわる
  • 興味を持つととことんこだわる

と、言った発達障害特有の性格が、「音楽」「絵」という力をかり、うまく生かされていったのだと思います。

【楽天ブックス限定先着特典】STRAY SHEEP (通常盤) (クリアファイル) [ 米津玄師 ]
ジャケットの絵は米津さんによるものです。

独特な色使いや、形が米津さん自身の特性をうまく活かしていますね。

 

髪型

View this post on Instagram

撮影

A post shared by 米津玄師 kenshi yonezu (@hachi_08) on

米津さんのどの写真を見ても、表情がはっきり分かるものはありません。

発達障害特有の「他者とのコミュニケーション」をガードしているようにもみえます。

しかし、米津さん自身に遺伝性50%の「マルファン症候群」も関係しているのでしょう。

マルファン症候群とは、常染色体優性遺伝の病気であり、体を構成する「コラーゲン組織」に元々異常があり

臓器や血管、四肢だけでなく、目にも異常をきたすことがあります。

 

米津さん自身、成長が早く細長く伸びた手足があまり好きではなく、自然と体型を隠す服を好むようになりました。

そして、身長が高い分背骨が「湾曲」しやすい状態にあるようです。

そう言った病気と向き合ううちに、自分の本来かたどる体や、顔をなるべく隠すスタイルにたどり着いたように思います。

 

発達障害を個性として活かし、活躍している芸能人など

 

返信を残す