コロナがまだ収まらない中での入院について

広告

「コロナ」が日本に来て、2年以上経ったでしょうか!?今でも変異種が現れ、マスク生活から離れることはできません。

 

今回、2か月と少し静養の為に入院しましたが、コロナは他人事ではないと思い知らされました。

 

病院だから「安全」とは限らないということも痛感しました。

 

平穏だった2週間

入院して2週間ほどは、平穏な日々で今までの病棟がなくなり、統合失調症などの重い患者さんと同じ病棟でしたが、

 

2日に1回の入浴や、毎日の洗濯、そして、ここは閉鎖病棟なので、私のような静養患者は申請して外に出ることもできました。

 

しかし、その状況が変化したのは、突然でした。4人部屋で隣のベッドの方が、朝の検温で37.9度の熱をだしたのです。

 

不安な時間が数時間流れましたが、実は2階上の痴呆者専用病棟で、「コロナ患者が出た」という話は伝わっていたので、

 

外出は控えるように。と言われた直後だったのです。そして、数時間すると防護服姿の看護師がわさわさと入ってきて、

 

各ベッドにすべて荷物を乗せて、3人が個室に移されました。残りの1名は3名出れば個室となるので、そのまま残りました。

 

隣のベッドの方が陽性反応が出たので、この部屋は「濃厚接触者」となりました。実は『院内感染』は初めてではありませんでした。

 

外から来る人達

病院は「安全」と思う方も多いかもしれませんが、病院こそ外から来る人が多い場所です。看護師や医師も

 

病院の外では通常の生活をしています。前回院内感染があったときは、病棟の看護師がコロナに感染しており、

 

それが各フロアに広がりました。今回は、病院にある売店の店員さんからでした。

 

径路は、店員さんがコロナの感染に気付かず勤務しており、病棟では一部の患者を除き、病棟から出る場合は、

 

看護師付き添いの元、数名で移動します。そして、最初に感染が発覚した病棟の患者さんがコロナに売店で感染し、

 

共通のエレベーターを利用する病棟の患者に、感染が広がりました。病棟間は看護師も患者も交流がないので

 

やはりエレベーター内観戦が一番可能性が高いと思われます。これを受けて売店は閉店で再オープンのめどは立たず、

 

「水から感染する可能性」を考えて、入浴と、洗濯は禁止されました。もちろん今まで毎日病室に来ていた清掃もなくなり、

 

食事も感染を考えて、使い捨ての器になり、特に濃厚接触者のトレーには赤いテープが貼られました。

 

検温は朝、昼だったのが、夜も追加され、看護師は防護服で一日を過ごし、家に洗濯物を持ち帰れないので

 

患者が使用していたコインランドリーで、各自洗濯をして持ち帰るという生活だったようです。

 

入院の時にプラスしたい持ち物

今回入院の際に、前回院内感染が起きたことを聞いていたので、可能性を考えて荷物を増やしました。それでも足りなかったので、

 

友人に頼み追加してもらいました。2週間入浴できないので、かなりきつい状態が毎日続きます。

 

・アルコール消毒

・使い捨て体拭き

・介護用体拭き

・水のいらないシャンプー

・床掃除用の使い捨ての紙

・衣類4日分

・ゴミ袋用ミニ袋

もともと自分でも、アルコール消毒や、消臭スプレーなどを持っていたので、それと合わせて、何とか2週間の監禁生活を乗り越えました。

 

洗濯機が使えないので、下着だけはこっそり洗面所などで洗っていましたが、さすがに14枚も下着があっても保管場所に困ります。

 

毎日体を拭いて、着替えては消臭スプレーをかけてハンガーにつるし、またそれを着る生活でしたが、

 

一番つらいのは、髪を洗えないこと。ヘアドネの為にのばしているので、すでに腰を超えているので、日に日に頭皮の皮脂で頭が重くなっていきました。

 

確かに水のいらないシャンプーはすっきりしますが、汚れを綺麗に落とすということはないので、時々使い捨ての体拭きでも頭をガシガシ拭いていました。

 

しかし、こんな生活をしながら、ふと思ったのですが、この持ち物は「災害時」に必要となるものでもあるのです。

 

家に常備しておくのも悪くないものばかりですね。結局2週間個室に入り、感染した方が陰性だったのと、濃厚接触者の私たちが陰性だったので、

 

大部屋に戻されましたが、その後も外に出ることは厳しくなり、出たとしても売店はやっていないので、自販機くらいしか行けませんでした。

 

すっかり、エレベーターが怖くなり、退院まで階段を利用していましたが、退院して2種間ほど経ち、費用を支払いに行きましたが、

 

まだ感染は収まっておらず、1つの病棟への立ち入り禁止が表示されていました。特に精神科では、コロナだから「これをしてはいけない」

 

「こうした生活をしなくてはいけない」ということが伝わりにくいのと、痴呆患者も多く入院しているので、終息がムズ菓子いのかもしれません。

 

入院生活で役立った物

ウェットタオル さっとさわやかからだふき 60枚入 1023525 ピジョン入浴介助 清拭 ウエットタオル 体拭きタオル 介護用品 清拭介助
by カエレバ

※大伴サイズで丈夫なので、体全体が拭きやすかったです。

ポイント最大25倍!! 資生堂 フレッシィ ドライシャンプー 水のいらないシャンプー ディスペンサー 150ml スプレータイプ 防災グッズ アウトドア 送料無料 【SK01962】
by カエレバ

※きつめのメントールが香りますが、頭皮の爽快感はありました。多少のふけなどもブラッシングで除去できるので、おすすめです。

手ピカジェル 300ml
by カエレバ

※もはや必須アイテムとなった、アルコール消毒ですが、一般のものは70%ちょっとのアルコール濃度ですが、手ピカジェルは80%と高濃度なので、殺菌能力も高いと思います。

 

 


 

桜もちのうつ病記 ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。