えっ?なんのアレルギー?呼吸が苦しくなり咳が止まらない

広告

前にもありました。

呼吸が突然苦しくなり、喉が締め付けられるような感覚。

その頃は、チワワを家族に迎えてしばらく後だったので「犬アレルギー」を疑いましたが

家族となった命は手放せません。そのうちに症状も治りました。

 

今日突然の呼吸困難

今日の昼間、一人でいる時に「ゼーゼー」と喘息のような呼吸になり

咳が止まらない…

しばらく犬と離れていたから?と、思いましたが、私にある「ストレス」がかかった直後でした。

子供

我が子が、やらなくてはならないことじゃないばかりやっているので

痺れをきらし、怒鳴りつけたあとでした。

もしかして、私は「我が子アレルギー?」

多分、以前症状が続いた時も、我が子の障害がわかり、今後の対応や

様々な手続きで忙しいなかでした。

我が子によるストレスからくる、アレルギー症状なんてあるのでしょうか?

でも、子供ではなく、ストレスに限定すればあるような気がします。

 

自律神経の乱れ

アレルギーは自律神経の乱れにより引き起こされます。

その自律神経を乱す原因が「ストレス」

ストレスが限界に達すると、ホルモンバランスが正常にたもてなくなり

自律神経が乱れていきます。

確かに、子供と一日中一緒にいたのは、退院して、今日が初めてでした。

自閉症スペクトラムである我が子の行動は、私からすれば予測不能の

未知の世界です。どうして、この道具がここにあって、一体これで何をしたのか?

犬に対しても、明らかに嫌がっていることが理解できないので、過剰に追いかけたり、ちょっかいをだしたり…

一日中同じことを繰り返し言いつづけるうちに、私もしびれを切らして大声に。

それが、私自身を壊していきます…

 

自律神経の乱れた証拠

1日、なんの不自由もなく、ただなんの気力も起きないだけで

いつも通り過ごしていました。ただそこに子供の生活があったのですが…

自律神経が乱れると、

不眠症

生理不順

食欲不振

意欲減退

体温調節ができない

様々な弊害が生まれますが、夜寝る前に試しに熱を測ってみたら、38度ありました。

自覚症状ではそんなに熱があるようには思いませんでしたが、実際には38度と言う高熱が

自律神経のバランスが崩れたことを意味しています。

こんな時はリラックスが1番ですが、子供がいるとなかなかリラックスができない…

悪循環が生まれてきます。

明日には熱が下があると思いますが、しばらくの間は、子供との生活に再び慣れるまで

ストレスがうまく自分の中で処理できない状態で、発熱することも多くあると思いますが

親である以上は、うまくそこを切り抜けていかないと、私自身がますます壊れてしまいます。

ちょうど明日は子供の事について相談する日です。

このストレスについても相談をしようと思っています。そして何か手立てがあれば、それを実行してみようと思います。

 

 

桜もちのうつ病記 ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です