「発達障害」グレーゾーンとは!?

我が子に何か障害があるのでは!?

我が子は他の子とはどこかちがうのではないか!?

と、親が思い専門医を受診させ、一定の検査を受けますが、結局「診断」がつかない場合を「グレーゾーン」と呼ばれています。

我が子には「診断があり療育手帳」も持っているので、半分「グレーゾーン」がうらやましいと思うことはあります。

しかし、グレーゾーンなりの苦労もあると思います。

 

発達障害グレーゾーンとは!?

 

「グレーゾーン」

という言葉は色んなシチュエーションで聞きますね。

「白か黒かはっきりしない場合」をさしてグレーゾーン。

 

大学などで合格ラインにいても、定員数オーバーのため、入学辞退者が出ない限り

「グレーゾーン」扱いになることもあるのではないでしょうか・・・!?

 

発達障害の「グレーゾーン」の場合も、定義などははっきりとしていませんが

医師の言葉で使用されている言葉です。

 

健常の子供と、発達障害の子供とその中間に位置する子供

 

なので、「見守り」が必要となり、定期的な専門医の受診が必要となりますが

親によっては「グレーゾーン」を「障害判定は出なかった」と解釈して、それっきり受診しない場合があります。

グレーゾーンということは、成長にともない「障害認定」される可能性があるということです。

ということは、そこで診断を受けさせないことは、将来的に子供が困る可能性も出てきます。

 

グレーゾーンということは生活に支障がある

 

医師の診断を受けて「グレーゾーン」という判定が下りた。

ということは、健常の子供とは異なる困難を持ち合わせている。

という意味で、「グレーゾーン」だから「障害じゃない」というのは、親の早合点になると思います。

健常者と障がい者の間にいる。ということは、健常者としての暮らしもできますが

一部、障害者と同じ困難を子供が背負っているということです。

 

最近では「グレーゾーン」という言葉がちょっと良くないイメージなので

カラフルゾーン

パステルゾーン

という場合もあるそうですが、どんな色を付けても「中間」にいることで

子供自身が生活に困難をきたす場合があることは確かです。

 

そして、グレーゾーンにいる場合に気を付けたいのが、「障害」がつかないために普通級で学習することがほとんどですが

普通級での学習が困難な場合

他の子よりも言動が目立ってしまう

といった特徴が出てくることもあります。

とくに、後者の「他の子より言動が目立ってしまう」ことで

 

クラスから

孤立する

いじめにあう

学校に行きずらくなる

精神的に閉ざしてしまう

などの2次障害がおこることも考えられます。

「グレーゾーン」診断が出たからと安心しないで、子供が常に発信し続けている「サイン」に

親をはじめ、周りの大人が気づいていくべき大切な存在です。

そのサインを見逃がしたがために、不登校になることもあります。

 

まとめ

 

時々、グレー診断はいいな。と思ってしまう自分がいます。

自分の子供が「障害者じゃない」という私自身のエゴなのですが、どちらの方が幸せなのでしょうか・・・。

もちろん健常者であることに間違いはないと思います。自分の考えをきっちりとのべて

自分の考えでしっかり前に進めて・・・。

 

しかし、「障害」という判定がしっかりとつくことにより、

病院・自治体からの支援が手厚く受けられる。というメリットがあります。

グレーゾーンの場合、同じ支援が必要だと思われても支援を受けることが難しく

家庭内で支援していくしか方法がないのです。

 

身近に「障害者」と「グレーゾーン」の子供がいることと、二人のレベルが同じような感じなので

余計に比べてしまって、うらやましいと思うことがありますが、私がどんなにその子をうらやましいと思っても

我が子の障害は治りません。できる支援をどんどん活用するしかないですよね。

でも、グレーゾーンの子供でも、必要な支援を自治体から受けることができるのです。

それを知らない親が多いことも現実です。

 

返信を残す