退院してからが、本当の格闘の日々の始まりです

広告

私は12月2日に無事に退院しました。と言うよりもそろそろ退院しないと、両親が根を挙げているところです。

私の計画の中では、まずは子供のベッドの準備を冬に変え、夜寝て朝送り出すことから、子供との生活を始めようと考えていましたが

いざ家に帰ってみると、子供の寝具がきれいに片付けてあり、何が起こったか分からない状態でした。

おそらく湿気ってカビが生えてはいけないと、寝具を全て外してしまったんだと思いますが、まずその寝具を戻すことから始めなくてはいけませんでした。

良かったのは初日だけ

お金に関することを早く済ませたいと思い、運転して様々な場所に行くことができましたが

翌日からは、朝6時に起きることすらできなくなりました。

入院している間は、夜中に目が覚めたらそのまま長い夜を過ごし、6時になるのが待ち遠しかった位ですが、

夜中に目を覚まし、長い夜を過ごし6時になるのが待ち遠しいのは同じですが、6時になっても体が重くて起き上がれないのです。

以前にも書いたように、自律神経が乱れているのでしょうか?

関連記事

うつ病の初期症状で多くの人が感じる「体が鉛のように思い」正体は何?

 

そして不思議なことに、入院中は一人前の食事を半分食べると、お腹いっぱいでもう食べられませんでしたが、

今は異常な位の食欲があります。冷凍のグラタンやドリアを食べた後に、お餅を5個食べたり、

お菓子をつまみ食いしたりしています。

病院では朝6時から洗濯をしたりして活動することができました。しかし家に帰ってきてから全くできないと言う事は、やはり家に帰ってきた安心感から、脳の中で何かが変わったのでしょう。

 

おそらく「入院と言う非日常」の中で緊張して過ごしていたのではないでしょうか?

常に人の目があって、部屋に帰っても人の目があって、リラックスすることが難しかったのもそのためかもしれません。

それが今では、家の中にいれば誰の目もありません。布団の中にいようがテレビの前にいようが自由なんです。

緊張の糸が解けたようにゆるゆるな自分になってしまいました。

しかし、子供をこの部屋に早く入れなければいけません。周りは焦らなくてもいいと言いますが、すでに預け先である母屋は限界を超えているようです。

 

7年の思い

子供が集団の中で遊べないといったことに気づいてから、7年間子供と正面から向き合ってきたつもりです。

母屋の母から何を言われようとも踏ん張って頑張ってきたつもりです。

それが2カ月間の入院で、母屋に預けたことにより「私の気持ちがよくわかった」と言っていますが、

7年間「虐待」と言われ続けながらもがんばり続けた気持ちも、何がわかったと言うのでしょうか?

たった2ヶ月で、私の本当の気持ちと何がわかったと言うのでしょうか?

私の気持ちが本当にわかったと言うのであれば、学校から身なりをきれいにするようにと注意を受けるような事はしないでください。

そういえば、だって〇〇ちゃんが自分でやりたがるから

それは言い訳ではないでしょうか、やりたがあったとしても、学校で担任から注意を受けているので、無理にでも一緒にお風呂に入って、身なりきれいにすることがつとめなのではないでしょうか。

本当に私の気持ちがわかったのであれば、母親になったつもりで、我が子のことを学校で何か言われないように、すべてに身なりだけでもきれいにしてあげて欲しかった。

7年間責められ続けた私の気持ちは、どこへ向ければ良いのでしょうか?

責められ続けた挙句、子供と母親の板挟みになり、うつ病発症してしまいました。これはいつ治るのでしょう?

それだけがうつ病の原因とは限りませんが、原因の一端を担っている事は確実なことです。

あなたの気持ちがよく理解できたと言われても、本人から直接言われたわけではなく、人からそういった話を聞いただけです。本人からは一言も言われていません。

7年間苦しみ続けて、やっとこの状態まで来れたことを、理解する前に褒めて欲しいっていうのが本心でしょうか。

でも40年以上、親子の付き合いの中でわかっているので褒める事は求めていません。本当に私の気持ちがわかったのであれば、子供が母屋でお世話になっている間位は、私が手出し口出ししなくてもすむように暮らしをしてほしいです。

もう少し自分の気持ちと心が安定したら、日曜日あたりから、我が子との生活を少しずつ取り戻していこうと思います。

 

 

うつ病患者によく言われる「体を休める」とは!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です