やっと訪れた平穏な時間

広告

年末からお正月にかけて、様々な行事が各家庭であると思います。

我が家にも親戚などがいないにもかかわらず、それなりに行事があります。

特にお正月は、1日にはどういった食事をするか。2日はどういった食事をするか。3日はどういった食事をするか。

すべて「伝統」まではいきませんが、昔から決まった食事があります。

そして時間も朝7時からと決まっているので、寝坊しないように起きなくてはいけません。

 

途中放棄した3日目

我が家はもう15年ほど、おせちは買っています。人数分作ろうとすると、材料費の方が高くついてしまいます。

それだったら、人数分のおせちを買った方が安く済みます。半額位で済むでしょうか。

すべての材料を買い揃えるのも、かなりの労力を使うので、様々なお店のおせちを毎年取り寄せています。

去年食べたおせちもおいしかったのですが、2年続けて同じお店を利用したので、

今回は初めて利用するお店で、おせちを注文してみました。このお店は車で行ける範囲にあるので、初めてでもなんとなく安心感がありました。

 

お餅やおせちを食べるのが、正月は一般的ですが、2日目の朝はなぜかとろろ芋をかけたご飯を食べます。

私はこのとろろご飯にトラウマがあるため、食べられません。

そのため白いご飯を食べます。

そして3日目の朝も、通常だったら7時に母屋へ行き朝ごはんを食べなくてはいけませんが

どうしても体が動かず、子供だけで勝手に行っていました。

毎年日にちはバラバラですが、夜にカニ鍋とすき焼きをやる日が1日あります。

それは兄弟家族が来た時です。

しかし甥っ子たちも大きくなりなかなかスケジュールが合わなくなるので、来る人数はだんだんと減ってきています。

しかしそれを楽しみにしている甥っ子もいるので、毎年それだけは欠かさずやっています。

3日の朝は、母屋へ行くことを拒否しましたが、さすがに夜は行かないと、みんなで鍋を囲む時間です。

 

お正月独特の胃もたれ

お正月は様々なものを口にするからか、胃が悲鳴をあげます。

胃が痛いわけではなく、胃が疲れてしまうのです。そして食べ物を受け付けなくなります。

そのため3日の朝は、バナナだけを食べて予定があったので出かけました。

出かけた先に、つい最近見たテレビ番組に出ていた「かつや」があったので、どうしても行ってみたくなり、お昼はかつ定食を食べてしまいました。

疲れた胃かなりパンチが来ました。

 

本当はかつ定食じゃなくてもよかったのですが、「大根おろし」が私にとっては重要でした。

大根おろしを消化を助ける食べ物です。なので、美味しく食べつつ胃が疲れないように、おろしカツ定食にしました。

食べたのも遅かったため、夕飯が早く胃がとても忙しいことになりました。

そして精神的にもとても忙しい1日でした。

朝ご飯を放棄してゆっくりしましたが、映画館と言う閉鎖的な場所へ出かけ

大きな音と大きな画面で映画を観るという、拷問のような時間です。しかし我が子が冬休みにどうしても行きたいと言うので、親としては付き合わないわけにはいきません。

そして夜も、離れに暮らしている限りは、母屋での食事会に出ないわけにはいきません。

 

打ちのめされた4日目

もう4日目は、全てを放棄しました。

犬に朝ごはんをあげるときに、バナナを少し食べましたが、すぐにベットに戻りそのまま横になりました。

そしてゲームをしたり、メールのチェックをしたり、内職をしたりしてベッドで過ごしていました。

お昼ご飯も受け付けなかったので、ちょうど適量のクランベリーが入ったポップコーンがあったため、それだけ食べました。

それもベッドの上で食べました。そして昼からもゲームをして遊びました。

さすがに暗くなってきたので、電気をつけてシャワーを浴び、夕飯。と考えましたが、どうしても食欲がわかず

クランベリーのポップコーンと一緒にもらった、ドライフルーツの入ったナッツがあったので、それを食べました。

最後にはヨーグルトを食べましたが、胃はまだまだ疲れています。

きっと明日もこの生活でしょう。

なぜならば月曜日に、温泉に行かなくてはいけないのです。

我が子は、冬休みには旅行に行くものと思い込んでいます。

私も休息を兼ねて、温泉につかってこようかと思います。その道中が疲れてしまうので、今のうちに体と心を休めておきます。

 

 

疲れきったお正月、イライラが止まらない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です