入院10日目完全に玉砕!

広告

昨日は親との接し方も嫌でも考えないといけないかった。

でも、簡単に答えが出るものでもないし、相手がそれに従うとは思えない。

人との距離感が普通、5だとすると3〜-10ぐらいの人だから、まずそこから説明したところで、相手の理解は期待できない。

と、いう結論に達した。

 

玉砕され食事食べれず

 

いつも、前の日の夜ごはんから順に並べてコラージュしたら

我が子にメッセージとともに送っている写真。

子供が帰って来て、楽しみにしてるだろうけど、メッセージだけじゃ味気ないし

かといって、病院内の写真を撮って送るのもおかしいので、毎日必ず食べるごはんにした。

でも、今日はこれは送れなかった。

朝、昼たべてないから空席です。

代わりに代打したのは、子供がくれたハリネズミのハリンちゃん

こちらにはまだ登場してなかった。

この子を布団にくるみ「ハリンは暖かくして寝てます。あなたも暖かくして寝るように」

まぁ、無難にメッセージを添えて…

 

敵は病棟にいた

 

なぜ私が玉砕されたかと言うと、いつも5〜6回違う頓服薬をもらいに

ナースステーションまではるばる行きます。一番はじから、中央まで何往復も。

頓服は違う種類なら30分

頓服が同じなら6時間

頭痛薬を最初にもらい、30分見計らって不安薬のレキソタンをもらいにいくと

夜勤の看護師から

1時間経ってないのでだせません!

こっちは、胸が苦しくなって来たから必要なのに…

部屋に戻るしかなく、胸をつかみながらドキドキバクバクを我慢して1時間経ってやっともらえました。

 

そして朝が来て…

7時から洗濯できるので、今日は晴れてるから乾燥機使わないで節約!

と、洗濯が終わっても物干し場が開きません。

ナースステーションへ行ったら早番の看護師さんが

下が濡れてるから乾燥機つかって!

 

でも、晴天地面が乾くのは時間の問題だ。と思い

このまま、部屋に持ち帰って、床が乾くの待ってもいいですか?

と、部屋干し禁止をわかってるから、かなり下手から出てみたら

カーテンにはほさないでよ!

えっ?カーテン…?

どうやって?

レールしかついてないのに…もしかして、上のあみあみのところかな。

部屋に持ち帰り、クローゼットの扉にかけた。

 

次は朝食

 

基本、ここの朝食は遅いと思います。でもすでに心はポキポキなので

食べないので下げていただけませんか?

と、またも下手から出ると

今配膳中だから自分で下げて 

 

…いま押してるそのワゴンに乗せてくれないの?

なんか悔しくて速攻で、配膳車の横を抜け膳を下げました。

昼も配られたらすぐ下げにいきました。

日勤の看護師さんが、食べないことを心配してくれましたが、気持ちがぼろぼろな私は

差し入れのナッツがあるから大丈夫です^_^

と、応えましたが、明日も食べれる気がしない…

書類を見ると、朝食のキャンセルは夕方5時まで。となっている…ということは、夕食を下げに行った時では間に合わない!!

 

と、急いでナースステーションへ行くと、早番の看護師さんが

入院患者さんの食事はキャンセルできません!

他にもっといいようがあるよね?

入院中の栄養管理も大切だから、外出の時だけキャンセルできるんだよ。

って…。

 

あぁ…もう完全に玉砕!枕濡らしてます…。

看護師さんだから、大変なのもわかるし、特殊な病院だから。

っていうのもわかるけど、心が弱り切って病院という安全地帯にいる私たちを

切り捨てるように扱わないでほしいな…。

 

ちなみに9時半過ぎに物干し場行ったら、鍵開いてて、すでに干してある…。

私がそこを開くの待っての知ってるし、ナースステーションからみえるんだから、一言欲しかった…。

なんとか干し場所は確保できたから良かった。

 


うつ病の入院日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です