双極性障害と言われている芸能人「玉置浩二」さん

広告

人気バンド「安全地帯」のボーカルとして、ウィスパーボイスがたまらない魅力の玉置浩二さんですが、

正式には発表はされていませんが、「双極性障害」ということがずっと言われ続けています。

「火のない所に煙は立たぬ」ということで、どうしてそのように言われているのか探っていきたいと思います。

 

歌手玉置浩二さんプロフィール

 

名前:玉置浩二(たまきこうじ)

生年月日:1958年9月13日

出身地:北海道

身長:177㎝

血液型:A型

出身校:北海道旭川農業高等学校中退

デビュー:1973年

バンド:安全地帯(ボーカル)

所属:自主レーベルソルトモデラ―

 

高校在学中に、武沢豊と「安全地帯」を結成し、1981年に井上陽水のバックバンドとして上京する。

「安全地帯」としてメジャーデビューしたのは、1982年2月25日「萠黄色のスナップ」だった。

その後、1986年には「プルシアンブルーの肖像」で俳優デビュー

1987年には「All I Do」で歌手としてソロデビューをしている。

 

私生活では1983年に同じ出身の一般女性と結婚し、1986年に離婚。

そして、1991年には歌手・女優の薬師丸ひろ子と再婚したが、1998年に離婚。

その後、バンドメンバーのキーボーティスと安藤さと子と1999年に再婚する。しかし、2007年には再び離婚。

2009年にはかつて交際していた、女優石原真理子と婚姻届けを提出しようとするも、石原が前夫と籍が入っていたままで不受理となり、その後破局。

2010年にはタレントの青田典子と結婚し、現在に至る・・・。

 

音楽に関しては、ボーカルのほか、作詞作曲、楽器演奏を行うマルチプレイヤーとして知られている。

山下達郎が最も評価しているミュージシャンの一人として挙げている。

その他にも、徳永英明、ミスチルのボーカル桜井和寿や、スキマスイッチの大橋が最も尊敬するボーカリストとして名前を挙げている。

 

玉置浩二が双極性障害と言われる理由

玉置浩二さんから直接病名の告白があったわけではないが、「双極性障害」という噂は根深い。

何人もの女性と結婚・離婚を繰り返すことも、躁状態の時に結婚し、うつ状態の時に離婚しているのではないか!?

と、言われることもしばしば・・・。

 

そして、玉置浩二さんと言えばたぐいまれなる音楽の才能の持ち主だが

その実力だけでなく、作り出す作品も高く評価され続けている。

ソロ活動では・・・

コール

メロディー

田園

安全地帯としては・・・

ワインレッドの心

恋の予感

悲しみにさよなら

碧い瞳のエリス

プルシアンブルーの肖像

夏の終わりのハーモニー

好きさ

じれったい

情熱

ひとりぼっちのエール

など、「名曲」といわれる数々の楽曲が「躁状態」の時に生まれているため、メンバーも玉置浩二の病気に関しては触れない。

という噂も出るほどです。

そして、番組や、コンサートにろれつが回らない状態で出演したり、意味不明な言葉を発するなど

理解できない言動行動が多いのも、「双極性障害」と言われ続ける原因なのかもしれません。

そして、玉置浩二さんが双極性障害だという噂はずっとあります。

治療しているとか、快方に向かっているといった情報がでてこないのも

躁状態とうつ状態を繰り返しながら、音楽活動、俳優活動を続けているのではないでしょうか!?

 

彼の歌唱力は誰もが認めるところです。

私も、幼いころ「ワインレッドの心」などを聴いて魅了されていました。

ウィスパーボイスなのに、パワフルな歌声も同じ人間から発せられる。

自由自在に自身を楽器として扱う、唯一無二のミュージシャンだと思っています。

もしかしたら、玉置浩二さんが「双極性障害」ではなかったら、数々の名曲は生まれなかったのかもしれない可能性もあります。

しかし、今後の音楽活動ももちろん期待しています!!

 

還暦を迎えても「パワフル・ソウルフル」な歌声を届けてください!!

 

まとめ

 

玉置浩二さんが「双極性障害」なのかどうか・・・。

という確信に触れる事実はありませんが、「名を遺す偉人」は

「双極性障害」や「うつ病」を患っている人が多いのも事実です。

太宰治、芥川龍之介、北杜夫、田宮二郎など・・・。輝く才能を持ちながら名を遺した偉人も多いのです。

 

意外と知られていないうつ病は約10種類ある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です