入院21日退院に向けて

広告

私は何か危険な行為をして入院をしたわけではありません。

家で寝込むくらいならば、病院でしっかりと静養期間を過ごしたいと言う願いから入院しました。

だから、どうなったから退院しようと言う事はありません。

 

医師からの課題

 

まず退院の相談をしたのは、1週間くらい前でしょうか?

まだ十分に食事を取れない時に相談したので、どうなったら退院をしたいですか?

と聞かれても、何も頭の中に浮かびませんでした。

そこで入院前にできていなかったことを、思い出して伝えてみました。

 

せめて子供と2人分の食事を用意したい

 

と言うことで、まずはしっかり食事をとることが課題となりました。

でもいまだに食事を見ると気持ち悪くなったり、食後にいがとても痛くなったりします。

食べれる量は出された分の3分の1から2分の1位です。

これで課題をクリアできてるのでしょうか?

何かを作るためのレシピなどは頭にまだ浮かびません。いつも適当に作っていたのでこれを作りたいあれを作りたいと言うことがありません。

 

次の課題

 

先日担当医と、ケースワーカーさん、児童相談所、児童福祉課の方と話をしたそうです。

退院後の私にどういう支援ができるかと言うことです。

しかし担当医がずっと私を診ているわけではなく、私は入院してからの担当医のため経緯がわかりません。

そのため私が入院してからの状況を伝え、また改めてケースワーカーさんと、必要な支援、受けたい支援を話し合うことになりました。

 

そのためには、担当医からまずはあなたの心の整理をしなさいと言うことを言われました。

私のうつ病は幼少期の母との関係、結婚していた時の元旦那からの暴力、そして子供の障害など、

様々なことが複雑に絡み合いすぎていて、全て自分でそれを変えてしまったためにうつになったのではないかと言うことです。

そのため一つ一つをひもといて、自分に必要あることないことを分けることが必要になりました。

そのために先日手紙を書いてみました。

 

小さい時に嫌だった親の態度

結婚してからの元旦那の暴力

子育てに口を挟んでくる母親の態度

 

などを書きたい放題に書きました。

まだまだ修正が必要ですが、すでに10ページ以上の手紙になっています。

これを読み直し、必要のない部分を削り足りない部分を足していき

家族に読んでもらえる手紙を仕上げることが今の目標です。

ただ母のことがたくさん書いてあるので、うつは自分の責任だと思い込む傾向があると思います。

それをどうオブラートにうまく進んで書くかと言うことが、最大の難関です。

でもこの難関をクリアしないと、退院しても同じ日々の繰り返しだということです。

すなわちまた入院して静養する。クリニックに通い続ける。5つのうつの出口が見えてくるのか分からないと言うことです。

 

私にとってはかなりの難題ですが、クリアしなくてはいけない問題である事は、昔から認識はありました。

入院を無駄にしないようにしっかりとこの問題に向き合って、ちゃんと笑えるような毎日が送れるようにしたいです。

 

うつの治療法で言う「行動認知療法」に、似ているでしょうか?

でもそれを行ったところで、私には大きな不安があります。

また不安やイライラが募るときに、自分を傷つけたりしないか、薬を大量に飲んだりしないか?

今の私にはまだ自信がありません。

 

うつ病の入院日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です