入院中の生活、リラックスや息抜き、気分転換がわからない

広告

うつ病には

リラックス

気分転換

息抜き

がいいとされているが、私のこの何もないちっぽけな中身の人生のなかから

それらが果たして存在したのだろうか…?いわゆる世の中で言う「趣味」

インドア派

私は生まれ持っての「出不精」きっと生まれる時に、急いででてきてしまって、長きにわたり「保育器生活」をしたので

外にはでるものではない。と生まれて数日で悟ったのではないか⁈

と、いうくらいに、私は家から出ない!仕事があれば出る。生活に足りないものがあれば、まとめて買い出し、買い置き。

とにかく、極力外にでないで生活をすることに頭を使ってきた。

 

家の中ですること

私は以前「自作パソコン」を作りたいと思った。パソコンが趣味。

パソコン、今やなんでもできる。

書類作成

確定申告

ゲーム

お絵かき

ネットサーフィン

ブログ

写真整理

 

だからと言って、その中の何かが趣味と言うわけではない。

パソコンが趣味なのです

パソコンを眺めていればいいのです。

なのでネットで新商品などを見るのも楽しみの1つですが、パソコンのインストラクターを辞めてから

パソコンはどんどん進化して、CPUやマザーボードなど様々なパーツが日々開発されていて

だんだんと自分が、パソコンから置いてきぼりになっているのがわかっています。

常に新しいパソコンに触っていたいのです。

 

でもそれは現実的な趣味ではありません。現実的に考えれば1台のパソコンを買おうと思えば10万円以上はかかります。

お金をどこから捻出するかと言えば、働かなくてはなりません。働くには外に出なければいけません。

新しいパソコンを買うときに、前のパソコンを下取りしてもらい、少しは安く購入することができますが、

次々に新しいパソコンに触れて、新しい機能を試して…

本当に現実からかけ離れているように思います。まさに今この状態から考えると現実的ではない趣味です。

 

しかも入院するときに小さなパソコン持ちますこみましたが、ネットサーフィンぐらいならやってもいいよと言うことで許可されました。

しかし私がやりたいのは、お金を稼ぐための内職です。

それが病院のいればそこにずっと触れているられる、唯一の方法で、唯一の息抜きの時間であると思ったからです。

でもそれは精神的に負担がかかると言うことで禁止をされました。

そのため今手元にはパソコンもありません。

あるのはこのスマホのみです。

しかも大掛かりなアップデートが最近あり、新たな機能が加わったことでそれを理解することを楽しむ。

これが今の私の息抜きになるのでしょうか?

 

ほとんど無趣味に近い私は、こういった時に息抜きがないのが困ります。

働き盛りの男性たちが退職をして、やることがなくなり、元気がなくなるのと同じように

今の私にはやることがありません。

将来の為にも、自分のためにも、退院したら趣味探しと言うのも、1つの大きな課題となっていきます。

今特に趣味がないと嘆いている方は、趣味は1つでもあったほうがいいです。

 

今の私はパソコンを触ることが好きなのですが、以前は編み物をしたりパズルをしたり、

それなりの趣味がありましたが、うつ病になり細かい仕事が困難になったため、今はやることがありません。

なので趣味といっても、おおまかな趣味を見つけるといいと思います。

カラオケ

英会話

楽器演奏

映画鑑賞

など、細かいことに集中してやることよりも、楽器演奏でも間違えることを気にすることなく、楽しむ方向で趣味にするのはとても良いことだと思います。

趣味でもなるべくお金のかからない趣味を見つけていきたいと思います。

 

うつ病の入院日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です