初めて聞いた、自殺願望ではない「希死念慮」とは?

広告

うつ病になると

消えてしまいたい

いなくなりたい

楽になりたい

色んな理由で、自殺願望がふつふつと湧き出て、自傷行為やリストカットをしてしまうことも。

今回の入院で初めて知った言葉「希死念慮」とは?

 

希死念慮

死にたい

という気持ちからすれば、自殺願望も希死念慮(きしねんりょ)も変わらないと思います。

決定的に違うのは「死」に理由があるかないか

 

自殺願望

この状況から逃れたい

病気が回復しないからこのまま生きていたくない

借金で生活が苦しい

いじめから逃れたい

と、よりはっきりとした具体的な願望があり、そこから逃げる手段として「死」を選ぶ。選ばざるを得ない、悲しい結末しか考えられない場合は

自殺願望と考えられています。

 

希死念慮

希死念慮は「死」に理由などありません。

ただ日常動作のように、死を選んだに過ぎません。

ある日突然、遺書もなく理由もわからず消えた命。それは希死念慮から生まれたかもしれません。

本人も理由もわからず、ただ死にたい気持ちに支配されてしまうのです。

 

どちらの場合も診察を!

どちらの場合も死が関係していますが、もうひとつ関係しているのは

脳が疲れ果てている

いいかえれば、精神的に弱った状態にある。ということです。

周りの人が気づけるなら、病院への受診を勧めてください。

しかし、だいたいは気づけないことが多いです。本人が心の中に抱え込んでしまっているからです。

 

どちらの場合も気分転換は必ず必要です。自分自身に心当たりがあるなら、病院の受診と気分転換。

希死念慮の場合は、常に気持ちを支配し続けることが多いので、服薬も必要かもしれません。

そして、希死念慮を忘れるために

眠る

過食

に、はしる場合がありますが、眠るのはよいことですが、本来眠らないといけない夜に眠れないと

ホルモンのバランスが崩れて、さらなる悪循環を生み出しかねません。

 

そしてもうひとつの過食ですが、人にとって「楽しい欲求」のひとつなので、食べている間は楽しい気持ちになり、希死念慮を忘れることができるかもしれません。

しかし、食べ物をひと通り食べ終わった後の残骸を見て、今度はこんなに食べてしまった…。罪の意識が生まれ、「嘔吐」することにつながりかねません。

それを繰り返すうちに、違う病気「摂食障害」になる恐れもでてきます。

 

とにかく死にたい!

と、理由があっても、なくてもとにかく精神科を必ず受診してください。

生きている意味は必ずあります。

あなたを必要としている人は必ずいます。

1人で悲しい決断をする前に、病院でその決意を語ってみてください。

 

 

リストカットと、自傷行為の違い、区分、原因など

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です