MBSテレビ制作賀来賢人主演「死にたい夜にかぎって」爪切男原作エッセイがドラマ化

広告

ろくでもない男の、ろくでもない日常を描いた実録の半生。

幼少期に母に捨てられ

初恋の女性は札付きのヤンキー。再会した時は自分の自転車を盗もうとしていた。

高校では「顔のダニを退治してあげる」と毎日、女の子にビンタされ

初体験は車椅子の女性。

そして、もっとも「愛した女性」はアスカ。

6年間の同棲は突然「別れよっか」

と、女性に振り回される男の物語。

 

死にたい夜にかぎって

キャスト

賀来賢人

山本舞香

塚純貴

今井隆文

青木柚

櫻井健人

玉城ティナ

小西桜子

中村里帆

安達祐実

光石研

原作

爪 切男

「死にたい夜にかぎって」

エッセイ


死にたい夜にかぎって [ 爪 切男 ]

小説


死にたい夜にかぎって (扶桑社文庫) [ 爪 切男 ]

 

脚本

加藤拓也

代表作

平成物語

不甲斐ないこの感性を愛している

俺のスカートどこ行った?

 

ドラマ化にあたり

同人誌や、SNSを通して自身の半生をつづっていた爪切男さん。

元は「タクシー×ハンター」というエッセイ集となっていたが、ドラマ化にあたり再構成し「死にたい夜にかぎって」が出来上がった。

タイトルに関しては、ドラマスタッフに任せたところ、こうなったということらしい。

つまり、「死にたい夜にかぎって」こんな半生でも、明るく楽しみを見つけて生きている人がいる。

ということを、思い出して欲しいというメッセージもあるのかもしれない。

 

音楽

オープニング

ましのみ

「7」


【先着特典】1st Mini Album「つらなってODORIVA」 (初回限定盤 CD+DVD) (ステッカー (初回限定盤ver.)付き) [ ましのみ ]

 

エンディング

アイナ・ジ・エンド

「死にたい夜にかぎって」

 

ストーリー

主人公は小野浩史。

幼い頃に両親が離婚し、母は出て行った。そして父と祖母から厳しくしつけられた。

中学生のころ、初恋をした。ヤンキーだった。しかし、【ゲームボーイ】でお昼休みに対戦するようになっていた。

高校生の時、皮膚にもダニがいる、という授業が終わると、隣の席のかわいい女の子に屋上に呼び出された。

 

淡い期待を胸に、浩史は屋上へ行くと、「これから、君の顔のダニを毎日退治してあげるね」と言われ

いきなり、頬をビンタされる日々が始まった。それでも浩史は、(こんなかわいい子が毎日僕にふれてくれるなら悪くない)

さらに【卒業まで続いてほしい】と願った矢先、「飽きたから今日で辞めるね。あんたの笑った顔ってカナブンの裏側みたい」

浩史は笑い方がわからなくなった。

 

そして、社会人となり、オンラインチャットでは「小説家を目指す青年」として、歌手を目指す「アスカ」という女性とやり取りしていた。

浩史の提案で実際に会うことになった。底抜けに明るくたばこをふかしながら、笑う彼女。

夕飯のお金は自分が全額払うという。浩史より「金持ち」だから。

その理由が浩史はしりたかった。アスカも隠さなかった。

【変態に唾を売っている】

1回5千円から数万円になる、割のいいバイトとしてアスカは生計を立てていた。

その話を聞いて、なぜか「一緒に暮らそう!」と突然提案する浩史に、OKするアスカ。

アスカにまともなバイトをして、歌手を目指して欲しかった。

生活費は浩史が編集者へ転職して、まかなうことができるようになったが

マンガ喫茶のバイト。といいながら、アスカは「唾」を売り続けていた。

 

浩史は、自分が黙っていれば「この幸せは崩れない」と信じ、アスカを責めることはなかった。

それどころか、風俗で「唾」のオプションにハマって行った。

そんなある日、アスカが朝起きなくなった。本当にちゃんとした仕事を始めた矢先だった。

一緒に病院へ行く浩史。告げられたのは「不眠症、パニック障害、うつ病」だった。

 

アスカは働けなくなった。

そして、働けない自分を責めて泣きながら浩史に謝った。

アスカは浩史の為に早く元気になりたかった。「減薬」を決めた。

ところが、浩史が目を覚ますとアスカが自分の首を思いっきり締め上げている。

そして、泣きながら「ごめんね。ごめんね。薬もへったのにぃ・・・」

と、謝るアスカ。そこで浩史はこれは【ゲーム】なんだと考えた。

ポイント制にして、ポイントがたまったら2人で楽しいことをしよう。と考えた。

 

そんなある日、編集長から、他の部署の編集長への昇格を言い渡された。

行った部署は全員「ラッパー」の編集部だった。

そこにいたピンクの髪のラッパーの女性。

毎日浩史に「愛してる」「彼女と別れて一緒になって」と猛アタック!!

浩史もまんざらでもないが、彼女がいるからと断っていた。

 

実は浩史とアスカはセックスレスだった。きっと浩史はアスカを愛していたのだろうが

彼女の病気を考えると、誘うのも気が引けたのかもしれない。

そんな彼は風俗でバランスを保っていた。そして、ピンクの髪のラッパー岡田さんの誕生日。

2人でバーにいた。そして、彼女に「最高級のエアガン」を送った。そして浩史は振られた。

「性病を伝染させる女神」と異名をもつ岡田さんに振られた。

 

アスカは減薬のおかげか、前より元気になってきた。

そして、ダイエットする!!と、毎日「ド」の音で踊り出すのだった。

どこかの部族の踊りのように・・・。そして、突然浩史の首を絞めにくる。

それはまるで儀式のようだった。

 

 

「死にたい夜にかぎって」は次回3月17日は第4話の放送となります。

もし、第1話から観たい場合、TSUTAYA TVにて配信しています。

 

 

*上記情報は2020年3月現在です。くわしくはTSUTAYA TV公式サイトにてご確認ください。

 

桜もちのうつ病記 ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です