睡眠教室をさぼる

広告

入院中、ここではさまざまな「教室」がある。その中で、担当医から参加指示されていたのが

睡眠教室

今日だったけど、完全にサボった。

布団の中から出るのもやめた。

突然の訪問

友達が前からお見舞いに行くよ。と言っていましたがなかなか予定が合わず来る事はありませんでした。

洗濯も終わり、少し小銭が寂しくなってきたので、1階のロビーにある両替機に行きました。そのついでにお菓子を買い、お菓子を食べながらゆっくりと電話をすることにしました。

洗濯も終わり、少し小銭が寂しくなってきたので、1階のロビーにある両替機に行きました。そのついでにお菓子を買い、お菓子を食べながらゆっくりと電話をすることにしました。

しかしゴミを捨てに行ってる間に、友達から電話がかかってきていました。

 

既に近くまで来ていると言うことで、急遽会うことになりました。

体調的には今すぐ布団に入りたい位に、体も気持ちも重かったのですが、友達はとても忙しいので、なかなか会うことができないから、ロビーまでまた戻り迎えに行きました。

 

参観日の事

友達の家庭とうちの家庭はよく似ています。子供が発達障害を抱えており、家族間に何か問題があると言うことです。

友達は私に会うと開口一番「あなたのお母さん一生懸命だね」と言ってきました。

友達といっても一回りほど上の人ですが、息子が離婚をしたことにより、奥さんが育児放棄をし、子供2人を友達が世話している状態です。

おばあちゃんであり、お母さんでもある方です。家にも何度か来たことがあるので、母の顔覚えていたらしく、我が子と同級生の子供も母の顔を知っていたようで、

全てにおいて1番に、母が教室や体育館に顔を出していたそうです。

子供の通う学校は地域のモデル校となっており、定期的に学校開放が行われます。そして最終日に参観日があるのですが、

学校開放の二日間も、母はずっと学校にいたそうです。

 

きっと私がいたら、行かないように言ったでしょう。鬼の居ぬ間の〇〇と言う感じです。

もしくは私がうつでかかっているクリニックに、1人で家族受診した際に、私の鬱の原因が自分にあると理解をした証拠なのでしょうか?

とにかく、今は一生懸命私の代わりに我が子の面倒を見てくれているそうです。

私からすれば、その一生懸命さで、私が今まで一生懸命子供の面倒を見てきては、母に怒鳴り込まれていた現状を理解してくれたのでしょうか?

退院して何か変わると言う事は期待していませんが、逆に私が入院中にこれだけ面倒見ましたと言うことを態度で示してくることが怖いです。

そして驚くべきことに、友達と母が電話番号の交換をしたと言うことです。

ただ母の携帯には番号を入れることができなかったので、着信を残しただけでまだ登録をしていないと言うことです。

そして参観日から2週間ほど経ちますが、まだ連絡は何もないと言うことです。何のために電話番号の交換をしたのかは分かりませんが、

友達の立場と、母の立場はまるで違います。友達にも迷惑をかけなければいいがとうっすらと思います。

今一生懸命我が子の面倒を見てくれていると言う事は、裏を返せば今まで我が子のことを、孫のことを何も知らなかったと言うことです。

それは私が知らせなかったと言うのもありますが、子供の現状を書いた紙を全く理解していなかったと言う事でもあります。

この入院により何かが変わるか?とにかくLI退院してみないとわからないですね。

 

 

うつ病の入院日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です