退院へ向けて

広告

最近、起き上がれないし、泣けてくるし、気分が滅入る日々がつづいていたが

担当看護師はベテラン。優しいけどスパルタ!

私が家に帰り日常生活に戻るリズムを、作るリハビリが始まった。

 

まずは子供を起こし、送り出すまで5時過ぎから8時位までは起きる。

そのために朝食はしっかり食べる!

と、言ってもここは、朝食が8時と遅いため、待ち時間が長い上に

私はパン食希望なので、パンにゼリー、牛乳くらいしかない。

まぁ、家で食べる朝食と似ている。そこからは横になって休んでよし!

 

通常昼に起きて、気分でご飯を食べたりたべなかったり。

そこから、内職でパソコンに向かう。

立て込むと夢中になり、気づくとすでに夕方という日もある。

そして、子供が帰ってきて、だいたい18時くらいにはシャワーを浴びる。

なので、お昼ご飯をしっかり食べて、18時までは起きる。

と、言うか起き上がる。寝ない。できれば院内を散歩。

これが結構座っているだけでしんどい。今日は特に内職もなかったので

ますます時間の進みは遅いし、ずっと座っているのが、こんなにつかれるとは…。

 

夜は、まぁ適当に過ごす。

眠剤の調整の加減で、夜10時に服用なので、8時には子供を部屋へ行かせて

それから、ゆっくり自分時間。と、言うところだろうか。

 

最近の胸騒ぎ

最近、有名人の自死が目立つ。

私はここにあげてはいないが、何かあれば文章を書いては

アップしないでゴミ箱行き。

自死を選ぶ人、私が思うのは

「強い人と思われている」

「人に弱音を吐かない」

「自分に嘘をつく」

こんなタイプの人だと思う。まさにうつ病に多いタイプ。

でも、自死を選択するかしないかは、「ギブアップ」できるかできないか。

まだやれる!できる!なんとかなる!

そう思ううちに、気持ちが自死を選択してしまう。声に出せないだけで、突発的にいなくなってしまう。

泣きたくなったら、もう「ギブアップを周りに言いなさい」の合図だと思う。

伝えるのは、家族でなくてもいい。身近で信頼できる人と病院やカウンセリング。

私は、信頼できる人がいなかったから、1人で白旗あげて病院行ったけど。

白旗あげるのは、いけなくもないし、敗者でもない。ある意味勝者。

 

 

うつ病の入院日記

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です