抗うつ剤、睡眠導入剤、精神安定剤のOD(オーバードース)について

広告

うつ病の治療が長引けば長引くほど、「早く治したい」と焦る気持ち出てきませんか?

わかってはいるけど、「薬をたくさん服用したら、その分早くよくなるんじゃないか!?」

とか、「たくさん服用したら、気持ちがかるくなるんじゃないか!?」と思うこともしばしばあります。

しかし、精神科医、心療内科医などは薬を次回予約分までしか処方してくれません。

決して「予備」を処方してもらえないのです。

なぜでしょう・・・。

 

薬の飲みすぎを阻止するため

 

精神科や、心療内科で処方される薬のほとんどは「神経系」に作用したり

「脳」に直接作用したりします。

そのため、「用量」を守らないと、どのような副作用が出るのか全く分かりません。

 

副作用が出ることはわかっていても、一人ひとり体質も違えば生活環境

食べている物も違います。そのため、余計にそういった生活環境まで加味すると

ひとりひとりに、どのような副作用がでるのか全くの未知数です。

 

ただ、わかっているのは「この用量を超えたら、誰もが危険になるかもしれない」ということだけです。

その「用量」を守って医師は薬を処方しますが、いつも次回の予約まで「ぎりぎり」しか処方されません。

 

オーバードースの怖さ

オーバードースという言葉はきいたことありますか?

「OD」という単語は聞いたことありますか?

日本語に訳すと「過剰摂取、過量服薬」

ということです。漢字を見ればわかりますよね?

 

薬の用量を守らずに、それよりも多く服用すること。

時には「死に至ることもあります」が・・・医師は「OD」を考慮して処方しているので

一般的に病院へ行き処方されて、薬が合わなくて変わったから前の薬が余っている程度を

オーバードースしても、たいして大ごとにはならないでしょう。

ただ、翌日自分が苦しい思いをする。思いもよらぬ副作用が出てしまう。

自業自得の範囲になるとおもいますが、オーバードースする人の中には

 

海外から薬を個人輸入する

病院巡りをして同じ薬を集める

 

と、いったことで、同じ薬を大量に手に入れる場合があります。

こういった場合は、本当に命に関わることになる可能性が高いので

見つけ次第「胃洗浄」が行われます。

私はしたことありませんが、口からホースを突っ込み直接胃を洗うのでかなりの苦痛を伴うらしいです。

 

睡眠導入剤のオーバードース

 

私もそうですが、睡眠導入剤を処方されても「眠ることができません」眠れないうちに

導入剤の効果も切れてしまいます。

例えばよく使用される「マイスリー」ですが、10㎎で摂取後10分から30分で眠りにつきます。

そして、3時間もすれば体から排出されるため、仕事をしながら治療をしている人には

「眠気を翌日に持ち越さない」ので、よく処方されます。

 

私はその体から効果がなくなる3時間のうちに眠ることができなかったり

3時間のうちに何度も起きたり、3時間ぴったりでおきてしまったり・・・。

あきらかな「寝不足状態」です。寝入りに障害がある人には向いていますが、

中途覚醒や早朝覚醒などの方にはあまり向きません。

 

少し話はそれましたが、よくドラマなどで「睡眠導入剤を大量に摂取して自殺する」

というミステリーや、刑事ドラマがありますが、それは無理な話です。

実際に睡眠導入剤をオーバードースしても、「死に至る」には数百錠必要とされています。

果たして、眠らずにその数百錠をすべてお腹に入れることができるでしょうか!?

きっと、途中で意識がなくなり、胃洗浄されて意識を取り戻すのが現実です。

 

オーバードースが危険とされる理由

 

「薬物中毒」

という言葉を聞いたことがあると思います。

大麻だったり、覚せい剤だったり、日本ではもちろん禁止されている危険薬物です。

 

しかし、摂取すると気持ちがよくなるのか、もっと欲しいと「欲してしまう」のです。

その結果、オーバードースとなり、死に至るケースが後を絶ちません。

だからこそ、危険薬物として禁止されているのでしょう。

 

海外では有名な方がよく、眠れなかったり、ストレス解消を目的として

精神安定剤や睡眠導入剤と共に、強いアルコールを摂取して、薬物もたばこのように吸って

亡くなっていく方がいらっしゃいますね。

 

「薬」というものに「オーバードース」は意味がないのです。

自分自身がその時は一瞬楽になるかもしれませんが、その後が辛いのが「OD」です。

そして、つづけていくうちに「薬物依存症」から抜け出せなくなり、独自ルートで薬を手に入れ始めます。

それは違法です。法を犯してまで「OD」する意味はありません。

そこまでしたいなら、素直に担当医に相談しましょう。

 

 

桜もちのうつ病記 ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です