新しいことを始めたくて、全身脱毛に踏み切った

広告

退院して、内職をして、部屋の掃除を少しして、ワンチャンのお世話をして、

いまだに子供と一緒に生活できる環境ではない。私の気持ちがまだそっちに向いていないのだ。

しかし12月から、子供をこの部屋に戻すことを決めた。私にとっては相当な覚悟だった。

 

何かを始めたい

何かを始めたいと思っても、今の私のこの状況では働きに出る事は無理だ。

でも何か状況を変えたい。そんな時にメールで「ポンタポイントのお知らせ」が届いた。

特に利用しているポイントカードではありませんが、時々今あるポイントのお知らせメールが届く。

そこに記載されている「期間限定ポイント」がいつも気になっている。ポンタカードのポンパレモールで買い物できるわけでもなく

ポンタポイントが有効なお店で利用できるポイントでもない。

 

そこで検索をかけていくと、ホットペッパービューティーにたどり着いた。

今回のこの期間限定ポイントは、ホットペッパービューティーで利用できる「割引券」のようなものだった。

しかも、遠くにしかなかった「脱毛」が車で10分もかからない場所にあることがわかった。

 

子供の脱毛

子供は以前スイミングをやっていた。「早期発毛症」で、水着から毛がはみ出てしまわないか心配だったが

スイミングで目的としていたバタフライも終わり、退会した後で脇の方が生え始めた。

しかし、発達障害があり刃物が怖かったり、家庭用の光脱毛器が怖かったり

粘膜に触ることができないので、うまくトイレを終えることができない。

 

そして以前本人から「脱毛したい」意味がわからなくとも、本人がそうしたいと言ってきた。

でも近隣に、小学生を受け入れるようなお店がなかった。

しかしポンパレモールで見つけたお店は、アンダー25と言うプランがあり、もしかしたら小学生もできるかもしれない。

 

その前に自分が体験して、どんな感じか子供に伝えられるようにすることと

自分の子供が、脱毛の機会を怖がることなく施術を受けることができるかどうか、試しに予約をしてみた。

そして、カウンセリングの中で子供のことも話したら、快く受け入れてくれた。

2週間に1回

前に違うお店で、家から30分ほどかかりますが、脇の脱毛が完了まで1000円と言うことで

通ったことがありますが、なかなか予約が取ることができず、12回終わるのに1年半以上かかりました。

そんな話をしてみると、ここの店では「2週間」を見やすとして予約を取っていくので、20回コースでも、10ヶ月で最短終わることができる。

様々な脱毛サロンがありますが、田舎ではなかなか見つけることができません。

 

しかも実際に施術を受けてみると、我が子でも大丈夫なものでした。

熱さも痛みも感じず、逆に冷えピタで癒されているような感覚で、すぐに終りました。

これなら我が子も安心して脱毛に挑めるのではないかと思い、親子で脱毛をすることに決めました。

何かを始めたいと思ったけど、何もできないうちに、「自分を磨く」と言うことも何かを始める。と言うことになるのではないでしょうか。

そして自分磨きに時間をかけ、自信が持てるようになったら、また何か違うことを始めたいと言うエネルギーに変わっていくかもしれません。

うつ病の入院日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です