様々な精神的病を森田療法で改善した大槻ケンヂ

広告

うつ病には様々な治療法がありますが、うつ病を発症した場合

ほかの精神的病を併発している場合があります。今回紹介するロックバンド歌手として有名な大槻ケンヂさんは

特に強く症状が現れていた「不安症」を森田療法で克服することにより、ほかの精神的病も克服していきました。

 

大槻ケンヂプロフィール

 

名前  大槻ケンヂ(おおつき ケンヂ)

本名  大槻賢二(おおつき けんじ)

生年月日  1966年2月6日

血液型  B型

身長  178cm

出身地  東京都

出身校 東京国際大学中退

職業  ロックミュージシャン、作家など

家族  兄TVカメラマン(故人)

伯父大槻義一 映画監督

従兄弟槇原敬之

所属 有限会社オーケン企画所属

1983年インディーズレーベルから「空手バカボン」のメンバーとしてデビュー。

そして、中学時代からの友人と並行して活動していた「筋肉少女隊」ものちに同じレーベルからデビューをする。

1980年代に起きたバンドブームの波にのり、1988年6月に「トイズファクトリー」からメジャーデビューをはたす。

顔にひび割れメイクが特徴的だが、文学的な一面を持ち合わせており、書籍の執筆も行なっている。


人として軸がブレている【電子書籍】[ 大槻 ケンヂ ]

 

彼を襲った症状

 

中学から、友達の誕生日の余興などで、音楽活動はしていたが、本格的になったのは「筋肉少女隊」を友人の内田と結成してから。

担当はボーカルと、ベースだったが当初歌いながらベースを弾くことが出来なかった。

しかし、バンドブームの波にのりメジャーデビューすると、独特のファションセンスや

不思議な世界観の音楽で、一気にスターダムへ駆け上がっていった。彼が発病したのはそれから少ししてから。

 

なぜ自分はここにいるのか

この人気は続かない

このままでずっといられるわけがない

恐怖感

と、精神的に病んでいき

強迫性障害からはじまり

統合失調症、うつ病を発症していった。

 

彼を救った森田療法

 

治療は一般的に服薬ですが、大槻ケンヂさんを救ったのは森田正馬さんが提唱している

森田療法

です。これは特に強迫性障害や、不安症の人に効果的といわれています。

不安はあるがままにすておいて、今自分がすべきことをすればいい

が、大きな概念です。つまり気持ちにとらわれて、行動しないのではなく

気持ちは消せないから置いておいて、まず行動してみよう。

と、いった内容になっています。


神経衰弱と強迫観念の根治法新版 森田療法を理解する必読の原典 [ 森田正馬 ]

私は、大槻さんのうつ病をきっかけに、この「森田療法」を知ったので、ほとんどないよはわかりません。


うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち [ 田中 圭一 ]

こちらの書籍には様々なかたのうつ病克服法が書かれています。

大槻ケンヂさんについても、取材し克服についても書かれているようなので

森田療法について、ちょっと興味がでてきたら、こちらの本もおススメです。

様々な方のうつ脱出のきっかけの、どれかひとつが、あなたの気持ちにぴったりはまるかもしれません。

 

うつ病を克服した芸能人たち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です