入院29日目、昨日と打って変わり朝から雨

広告

昨日はとてもよく晴れた!…と、いう時に洗濯物は一枚もなし(T . T)

よし!明日こそは外でからっと干すぞ!!と、思ったら、病室前のテレビを見ている人が「明日から雨だって」

…(T . T)ほせないのか…コインランドリーも結構高いんだよ。生地も傷みやすいし…。でも朝から雨なら、朝はゆっくりして昼から洗濯するか!

洗濯機の貼り紙

結局、朝ちょっと遅めだけど、子供の登校に合わせ目が覚めて、「何かやらなくてはいけない」あせりに駆られてしまった!

そんな時は「清拭」今日は男性風呂なので、女性は入れない。

だから、清拭して全身に保湿用のジェルをつけて!完了!

って、ことはあとは洗濯か…。昼からやろうと思ったけど、結局朝からになるんだね。

 

バッグに2日分の洗濯物詰めてコインランドリーへ行き、いつものように洗濯物を入れてフタをしめたら、貼り紙。

「本日14時30時から16時までメンテナンスの為使用できません」

ちょうど私が洗濯したかった時間だった。よかったぁ…。

私は1番だけど、2台しかないからすぐ順番待ちができた。

私の後の人に、洗濯物終わったら入れてあげるから200円を預かる。

洗濯は30分だから、病室が1番遠いわたしは戻るのが面倒なので、乾燥機にいれてから戻ることにしている。

 

洗濯機に貼り紙だけで、みんなに伝わるのか…?

 

備え付けの給茶器

 

これもよく貼り紙がされている。

「只今洗浄中のため使用できません」

よく使われる昼間に貼ってあることが多いから、せめて時間をずらして欲しい。

給茶器は2台あるから、片方ずつ洗浄にはいるからまだいいけど…

 

先日、診察から戻ると部屋の隣の給茶器と、部屋の洗面台が業者により解体されていた。

何事かと思ったけど、ここ数日給茶器を管理している、清掃の方達が給茶器を前に何かを言っていたから、調子が悪かったのかな…?

トイレのために部屋から出ると、ものすごい悪臭!よく言えば柔らかい赤ちゃんの大きい方。

部屋に戻ると、2人で作業してましたが片方が

「でましたっ!ヘドロが出てきました!」

「結構ヘドロが出てきます。」

給茶器に入れる、お茶の粉がどこかでつまり「泥状態」だったわけ?

で、その給茶器と洗面所がつながっているから、手を洗おうとすると

「バシャッ!!」と、時々とんでもない出方をしてたわけか…。

作業が終わったら、洗面所からの異音もなくなり、給茶器の味も変わった。

人も機会もメンテナンスが大切ですね。

 

自分はメンテナンスできてる?

私は「静養入院」なので、なにか緊急性があるわけでもないので

前のクリニックで処方された薬も一切変わってない。

私の課題は「ひたすら休むこと」「内職禁止!」と、言ってもスマホでこっそり内職してるけど…

収入がなくなるのが不安だから。

 

ひたすら休む

と、言われても、常に「何かしなくてはいけない」あせりに駆られているので

何かしなくてはいけない…

しかも、昼に寝てしまうと夜寝れなくなるから眠ることはできない。

ひたすら休むって、こんなに難しいこと?

心のメンテナンスもこんなにむずかしいの?

静養入院で、果たして私は何か変われただろうか?

何か、病室を治す糸口を見つけられただろうか?

母にうらみつらみの手紙を書くことが、果たして私のメンテナンスだったのだろうか…?

 

疑問が尽きない入院となったような、病院という壁に守られて、気持ちは少し穏やかになったような。

 

うつ病の入院日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です