寝起きの悪さは薬のせい!?勝手に減薬してみた。

広告

この枕を作ったのが1月17日。


【フジテレビ めざましどようび で じぶんまくら が紹介されました!】【好評につき限定100枚追加販売!】じぶんまくら レギュラー ギフト券 43×63cm お近くの じぶんまくら 店舗にて オーダーメイド 枕 がお作り頂けます。 ギフトカード プレゼント

約2週間ほど経ったが、その間に心療内科の診察があった。

そこで、レキソタン2錠が1錠に、コントミンは不要になった。

枕ってやっぱりとても大切だと実感した。

 

使い始めて数日でメンテナンス

この枕は「予約」をすれば、購入者であればいつでも無料でメンテナンスしてもらえる。

使い始めて最初に悩んだのが、「頭痛で目が覚める」

そのため、再度お店で調整してもらうと、首の後ろに隙間があることがわかった。

そこで1㎝隙間を埋めてもらったのだが、朝軽い頭痛を感じるようになった。

 

どうしたらいいのか・・・。

車で30分かかる場所にあるので、あまり頻繁にメンテナンスに通うこともできない。

そこで、思いついたのが、枕の中がたくさんのポケットに分かれていることを思い出して

小さいタオルハンカチを折り曲げて、ポケットと同じ大きさにして、

いろんな場所にそのタオルハンカチを置いて、ファスナーを閉じ、自分で高さの微調整をして見ること。

 

後頭部部分に入れてみたけど、結果的にかわらなかった。

しかし、調整した首の後ろに、2つ折りにしたタオルハンカチを入れたら少し変わった気がした。

そのため、2つ折りにしたタオルハンカチを2枚重ねていれてみた。

不思議なことに、「頭痛」は嘘のようになくなった。

 

枕の次に起きた困りごと

枕が合ったのか、「頭痛」に悩まされることもなくなって

快適に眠っているはずだが、まだ「眠っている実感」は私にはない。

次に困ったことが、子供を起こして学校へ送り出した後

なんとなく横になると、ものすごい睡魔に襲われる。

 

なんとなく横になるのは、なんとなくやる気がないから。

やることがわからないから。本来ならば、内職の為に情報集めをしたいのだが

眠くて眠くて、どうしようもない。

それで2時間くらい眠ってしまう。

そこで、また考えてみた。2錠から1錠に減らした「レスリン」をなくしてみたらどうか!?

 

今眠る前に

マイスリー

リフレックス

レスリン

 

だが、勝手にレスリンを抜いてみた。

リフレックスを勝手に抜くには、減薬に伴う副作用が出そうなので

先生に相談して、減薬を試みることにして、副作用がなさそうなレスリンはどうか・・・。

 

朝起きて、なんとか子供を送り出し、なんとなく横になる。

何もやる気は起きないが、激しい眠気はない。

これはやはり、枕が合ってきたことで、「不眠症状」がかなり改善されてきたということか!?

先生が、「枕が合わず、不眠になる場合もある」と言っていた。

私の不眠のきっかけはそこにあったのかもしれない。

 

今日の夜もレスリンはやめてみよう。

そして、明日の結果が良ければまた薬を一つ減らせることになる。

 

 

人生の大半は眠っている。からこそ「じぶんまくら」を作ってみて1日で驚いた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です