入院9日目親子関係の難しさ

広告

今日は二度目の診察。いつも先生が突然病室へ呼びに来るからびっくりする。

特に今日は何もしたくない、できない、会いたくないデーだった。

突然の診察に戸惑う。

 

これからのありかた

今日はほとんどご飯も食べれず、シーツ交換や、室内清掃があったから

病室から出ていたけど、空いてた窓が目に入った。

網戸を動かしたら、窓から外に出れそう…

ここ3階だし、あれくらいなら囲いに上ってバランス崩せば…

家に帰らずに済むかも。

でも、その前に見つかったら隔離病棟行き確定?!

ここには、包丁もハサミもカミソリもない…

あるのは、自分の指にある爪だけ。ただひたすら毎日つねって気持ちを我慢し続けて限界がきたのかな…

 

多分、突然の診察も、担当看護師からのお願いなんじゃないかな…。

だれが見ても明らかに傷だらけの手や腕に、ご飯も食べない。

食べたくない

食べたくない

食べたくない

自分へのおまじないのように思っている。

自分の責任で、家の農業は終わった。私の責任だと思うと、私にはご飯を食べる資格がない。

 

診察の内容

 

急な診察で、何を言われるかと思ったら、私のうつ病の原因の根底は

母との関わり方

もう40年以上、攻撃され、土足で踏み荒らされた私は壊れた。

でも、ここで守り続けてもらうわけにはいかない…。

母との関わり方をかんがえないと

それが課題だったけど、入院して1週間すぎるけど

私がいなくても、家の生活は回っている。

私はいらない歯車。私はあの家にはいらない。

 

子供の成長を考えると、将来自立させることができるのは私だけ。

でも、今は私がいなくてもなりたっている。

あそこに戻れば、また同じ繰り返し…

勝手に部屋に入ってきて、土足で心を踏み荒らして、感謝しなさい!

 

私が入院したことで、母は自分が原因だとわかっただろうか…

いや、「疲れがたまったんだね」と言うくらい。そこにとどめを刺したことはきづかない。

先生が言うように、変わってもらうのは難しいから、関わり方をかえないと。

 

私はどうしたらいい?

 

玄関に「面会謝絶」の札をずっとかけておこうかな…。

でも、我が子が好き勝手に母屋と離れを行き来している以上

「私への感謝」

を無言の圧力で求めてくるのはわかる。

私はそれに耐えられるかな…。

40年以上の親子関係は変えられない。かといって、兄弟に相談できる間柄でもない。

 

その結論がでるまで、退院は考えない…。

私必要ないから。

子供にとっても、好き勝手させてくれる母屋がいいんだろう。

私の存在の価値はあの場所にあるだろうか?

ずっとすり減らして、ぶっ壊れながら私はあそこにいる意味ある?

母親との関わりを考えるより、私の必要性はあの家にないと思う自分がいる。

 

そして、そんな話を笑顔の仮面被って先生に話す自分が大嫌い!

辛いなら辛い

悲しいなら悲しい

泣きたいなら泣きたい

って、自分に正直になればいいのに…。

なれない.°(ಗдಗ。)°.

 

うつ病の入院日記

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です