深田恭子、ドラマ代役を立てて降板「適応障害」で長期休養か?

広告

ドラマのクランクイン前に、深田恭子さんが体調不良を訴え、急遽比嘉愛美さんに代役を交代し

 

ドラマの主役を降板して、適応障害に対する長期休暇を取ることを宣言しました。

 

適応障害と言われれば、今の雅子姫も長女の愛子様がお生まれになってしばらくしてから、休養にはいられました。

 

適応障害とは?

一言で「適応障害」として言われていますが、その種類は多種多様にわたっています。

 

それを1つにまとめて「適応障害」と言われているので、本来どの病気が発症しているのか表には分かりづらくなっています。

 

適応障害の種類

適応障害と呼ばれる病気として

  • うつ病
  • 躁うつ病
  • パニック障害
  • 摂食障害
  • めまいやふらつき
  • 尋常じゃない汗をかく
  • 激しい動悸

一般的にひとくくりにされているのは、このような症状が出る場合です。おそらく急性の難聴なども

 

強いストレスからくる症状と言われているので、適応障害に当てはまるのではないでしょうか。

 

深田恭子さんの場合どのような症状があったのでしょうか?

深田恭子さんプロフィール

名前 深田恭子

生年月日 1982年11月2日

出身地 東京都

血液型 O型

職業 女優

デビュー 1996年

事務所 ホリプロ

中学生の時に華原朋美に憧れて、ホリプロのスカウトキャラバンに応募する。当時確か最年少でのグランプリ受賞だったと思います。

 

その後事務所内のアイドルユニットに参加したり、芸能活動をスタートさせますが、金城武さんと共演した「神様もう少しだけ」で一躍脚光浴び

 

そこから主演作が立て続けに発表されることになりました。表向きは順風満帆だ芸能生活と思われていました。

 

深田恭子さんの病気の原因は?

深田恭子さんが「適応障害」と診断されたのは、昨年の春ごろから体調崩すことが多く、

 

仕事中でも点滴を受けながらこなすこともあったそうです。ちょうどコロナの時期も重なったため、

 

職場でのソーシャルディスタンスなど、女優としては、その辺も気を使いながら仕事をこなしていかなければいけないストレスもあったかもしれません。

 

そして一般的に言われているのは、「ホリプロ3姉妹」と言われるように深田恭子さんと、綾瀬はるかさん、石原さとみさん。

 

こちらの3人は、ホリプロのトップ女優でもあり、年齢が近いこともあることから、常に比較される対象にありました。

 

人一倍責任感が強く、仕事を断らない主義の深田恭子さんは、その辺が今回の病気の引き金になったのでは?

 

と言われています。綾瀬はるかさんも同じようにトップ女優として、ホリプロを引っ張っていく立場にありますが、

 

深田恭子さんとは違い、下積み時代が長く、一時期ホームシックから激太りしてしまい、先輩の和田アキ子さんがMCを務める番組で、

 

痩せなければ引退」と言う厳しい条件のもとダイエットに励んだ時期もありました。

 

しかし彼女にくる仕事は、女優ではなくグラビアがメインでした。しかし「世界の中心で愛を叫ぶ」などで話題を呼び、そこからトップ女優へと上り詰めました。

 

そのため3人比較されても、綾瀬はるかさんの方が打たれ強く深田恭子さんの方がストレスを溜めやすいのかもしれません。

 

病気の治療法は?

この病気には、確実な治療法はありません。とにかく静養を取ることが1番の治療でもあります。

 

そして近くに理解者がいることも心強いことです。幸いなことに、報道によれば深田恭子さんの近くには良き理解者がいるようでほっとしています。

 

そして適切な薬があれば、服薬で治療していくのも1つの手段ですが、それは病気の種類によるので何とも言えません。

 

そして復帰の時期についても、雅子様のように、様子を見ながら公務に復帰しているように、

 

深田恭子さんも様子を見ながら短時間で終わるような仕事、例えばCM撮影などから復帰の道をたどっていくかもしれません。

 

ただ長時間、撮影しなければいけないドラマや映画については、やはりしばらく見合わせる必要があると思います。

 

少し良くなったからと、すぐに仕事に復帰すると、再び再発することがあるので、その辺は事務所も慎重に復帰の路線を考えていくでしょう

 


 

うつ病を克服した芸能人たち

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です