韓国芸能界で相次ぐアイドルの自殺の原因は何なのか?

広告

2019年11月24日突然の訃報が入りました。日本でも人気を送った韓国のアイドルグループ「KARA」のメンバーであり

現在日本でも芸能活動を行っている、ク・ハラさんの突然の死亡ニュースでした。連絡の取れないマネージャーが帰宅訪れたところ

すでに息をしていないハラさんを見つけたと言うことです。ここのところ続けて韓国で活躍するアイドルたちが自ら命を絶つと言う選択をすることが多いのですが、

その背景にはどういったことがあるんでしょうか?

 

うつ病の発症

韓国の芸能界は、日常街中にいてもさほど騒がれないと言う事ですが、インターネットによる誹謗中傷がかなり多いといいます。

そして働いても賃金がもらえない奴隷契約であったり、美容整形等を強制される場合もあります。

特にインターネットによる誹謗中傷については、あることないことを書き込み、歪んだ事実についてどんどん拡散されていくため、本人は心を病んでいくそうです。

その結果うつ病を発症するのです

 

休みをもらえない過剰労働

嘘を拡散されるストレス

国柄として自死が許される風潮がある

競争の激しいアイドル業界

 

こういったことから韓国のアイドルの多くはうつ病発症しますが、奴隷にも似た契約により、休みすらまともに取ることができません。

そしてそこに重なるインターネットの誹謗中傷。

 

ク・ハラの場合

以前に交際を噂された男性がいましたが、実際は付き合ってはいないそうです。

しかし男性が盗撮したハラさんの太ももや背中などの動画を、インターネット上に拡散をしたのです。

いわゆるリベンジポルノです

この拡散については、ハラさんもかなり心を痛めていたといいます。

しかしいちど拡散されてしまった動画は、回収することは、絶対的に不可能です。

これが最近になり指先殺人と言われるようになりました。

インターネット上の噂を信じて、あることないことを書き込み、嘘の情報を拡散して本人をじりじりと苦しめていくのです。

しかもインターネット上で繰り返されることなので、相手の顔は一切見ることのできない匿名のいじめともとれます。

うつ病と友達の死

ク・ハラさんにはソルリさんと言う親友がいました。彼女もうつ病に苦しみ、ハラさんと一緒にうつ病を克服しようと励まし合っていた中でした。

しかし、そんな矢先10月にソルリさんは自ら命を絶ちこの世から消えました。

ハラさんにとっては計り知れないショックとともに、友達をなくしつつも芸能活動を続けていかなければいけない重荷を背負ってをいたのでしょう。

 

ソリルの分まで一生懸命生きる

 

と言っていたハラさんですが、ソリルさんの死の悲しみが癒えることなく、うつ病は重度となり、自らハラさんは命を絶つと言う悲劇が繰り返されました。

 

まとめ

インターネットによる誹謗中傷は、芸能人だけに限らず、一般人にも及ぶ可能性は十分にあります。

何かしら事件が起きた場合に、同姓同名の人がインターネット上に上がってきて、その後の情報を拡散してしまい、全く被害のない人が誹謗中傷を受けると言う事が後をたちません。

指先殺人

デジタルタトゥー

これはインターネットによる匿名の犯罪を示すものです。自分には関係ないと思っていても、SNSを使用している間は、知らないうちに自分も加害者になっている可能性があります。

インターネットの利用は、自分にとっての娯楽として上手に使っていきたいですね。

 

 

うつ病は心の病気ではなく、脳の病気だと言われている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です