腰に走る激痛で動くこともできない。再び寝たきり生活。

広告

一昨日位から腰に激痛が走り、まともに動くこともできなくなってしまいました。

昨日はさすがに痛くて、痛みに耐えきれず泣いてしまいました。

しかし泣いた理由は他にもありました。それは母です。母の心ない言葉で再び私は自分を傷つけました。

 

腰の捻挫

まず腰の痛みについて思い当たることを考えてみました。

最近重いものを持った

最近枕を変えた

最近何か不自然な体勢をした

考えたのはこの3つです。

確かに枕を変えましたが、身動きが取れなくなるほどの腰の痛みが出るとは思えません。

少し重い荷物を持ちましたが、リュックサックに入る程度の荷物なので、腰を痛めるほどではありません。

そこで思い当たったのは「不自然な体勢」でした。

ベッドに座っていて、下に落ちた物を取ろうと不自然な体勢になり、体を無理に捻ったことが最近ありました。

それにより、「腰の捻挫」となってしまいました。しかしそれをないがしろにして、おそらく翌日私は温泉に行きました。

 

腰の捻挫によくないこと

腰の捻挫について調べてみると、ぎっくり腰との共通点が出てきます。

痛みがあるときにやってはいけないこと。

お風呂に入り温まること

マッサージをすること

痛みを我慢して動き回ること

温泉に行ったことで、私はすべてのことをやっていました。

温泉の福引券がその日までだったので、子供を連れて行っていたのです。

そしてあまりにも腰が痛いので、ジェットバスで腰のマッサージを集中的にしていました。

もちろん温泉なので全身温まりました。

そしてあちこちに動き回ったのです。

結果的に翌日である昨日、動くこともできないほど悪化してしまいました。

朝ゴミを捨てに行く時に、どれだけ腰の痛みで倒れそうになったか…

「腰の捻挫」と気づくまでかなりの時間がかかりました。その間動き回っていたのです。

 

心ない母の言葉

家に関することで大切な話があるからと言うことで、母屋に呼ばれました。

先祖代々が所有している土地の話です。

身体障害者になってしまった父は、ずいぶん弱気になりました。免許証自主返納するそうです。

そこで絶対に譲らないと言っていた土地も、手放す決心をしたそうです。

そのため専門家に土地の調査を依頼し、その結果を聞くために呼ばれたのです。

 

私は土地の管理ができないならば、草が生えないように植える「草」があるので、それを利用するつもりでいました。

しかしその思いを、専門家の前で全否定され、笑いものにされました。

専門家の知識があるので、私が言っている事は有効な方法だと言いました。それでもなお私をバカにして笑い続けているのです。

 

腰の痛みにプラスして、母親からの心ない言葉に傷つき、私の心の限界を迎えてしまいました。

泣きながら友達に電話をしました。しかし気持ちが晴れることなく、ドンドンと暗闇の声気持ちになりました。

そして腰の痛みも限界を迎え、身動きすら取ることもできず、嫌だけども仕方なく母親に子供を受けざるをえなくなりました。

母は自分の思いで、土地を自由に売ることができ、自分がいないと私が困ると言う勝手な思い込みがあります。

知らず知らずに、母は家の女王様になっているのです。

それが裸女王様であることをいつ知るのでしょうか。

母の誕生日に、子供からケーキを渡してもらいましたが、当然のことのように私にしたひとこともありませんでした。

そんな母だと諦めるしかやはり無いのでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です