こだわり

広告

今日は同室の方が退院され、4人部屋が2人になりました。

たまたま同じクリニックから来ている、「よそ者同士」

今までできなかった話しとかして過ごしました。

 

こだわり

その方が入院してきた時、とても元気そうで「静養」が必要に見えなかったのですが、

私は先生に「静養」を勧められたことがないのですが、その方は先生の勧めで「静養」に来ました。

まぁ、私が入院したばかりだったので、クリニックも手続きがスムーズにいったのでしょう。

なぜ入院したら元気になったのか!?

家から離れたこと

仕事から離れたこと

 

家から離れたなら、旦那さんが原因かと思えば「会いたくて仕方ない」そうなので、

なんだろうな・・・。と話しを聞いていると、「こだわり」が邪魔をしていたようです。

 

家庭でのこだわり

家での様子を聞くと、結婚したときに「4つに分かれたプレート皿」を購入したそうです。

そして、毎回その「マス」を埋めることにこだわっていたようです。

そのため、「あと1品」が作れず悩んでしまい、それがどうしようもなく情けなく思っていたようです。

 

しかし、我が家も同じ二人暮らしですが、相手は子供なのでまた違うかもしれませんが

丼で完結するご飯

ホットプレートで調理ついでに食べられるご飯

とにかく楽に、作る方法を考えていることを話しました。

そして、「どうしても4つを埋めたいなら、ゼリーでも入れれば?」

と、アドバイス。旦那様はお子さま舌のようなので、ゼリーとかで彩りを入れてもいいのではないかと。

そして、4つに分かれたプレートではなく、1枚のプレートに変える。

そうすれば、「4つのマス」の縛りから解放されます。

 

仕事のこだわり

入院するにあたり、当然ですが仕事を長期休みにしたそうです。

放課後保育のような仕事だそうです。

体調を考慮すると週にフルには出勤できないそうですが、

「家にお金を入れて、旦那さんを喜ばせたい」

というのです。私からしたら【なぜ?】

彼女からしたら、旦那さんが働いて養ってくれているから、申し訳ない。

 

だったら、お金を入れるんじゃなくて、「節約」を大切にしたら?

と、いうと「目からうろこ」と言われてしまいました(^_^;)

「使うこと」しか考えられないので、「使わないこと」が思いつかなかったということです。

病気が分かってから結婚しているので、旦那さんも「無理はしないで、自分の稼ぎの中で生活できればいい」

と、言ってくれていたそうです。

でも、彼女が旦那さんより年上ということもあるのか、旦那さんに申し訳ないという気持ちが

彼女を縛り付けていたようです。

私なりの見解しか言えないけど、「こだわっていること」を見直すのも、この入院の目的かもしれない。

 

うつ病の入院日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です