緊急事態宣言解除され、子供の登校が始まり、日常が戻りつつあるが・・・

広告

皆さんの住んでいる地域はどうでしょうか!?

「緊急事態宣言解除」されて何かが変わりましたか?

私は特に変わりません(;^_^Aただ、子供の学校が半日登校になったこと。

今週まで半日で、来週からは親が待ちに待った「1日登校」スタートです!!

 

今年から支援級へ

我が子は自分の意思で今年から「支援級」へ編入しました。

と、いっても普通級に席はあるので、科目により行ったり来たりしているようです。

給食は支援級で食べるらしく、まだ始まらない給食を心待ちにしています。

そこへ、様々なことも元に戻り始めたので、子供の習い事や放課後等デイサービスなど・・・。

頭の中が混乱状態のまま、1週間はあっという間に過ぎていきます。

 

そんな中、学校が始まった日、私は起き上がることができませんでした。

体に重りを乗せられたように、起き上がりたくても重くて重くて・・・。

おそらく、「学校がやっと始まった」安心感で気持ちが緩んだんだと思います。

そして、次にやってきたのが「胃酸の逆流」です。

妊娠中に「逆流性食道炎」になったので、すぐにわかりました。

しかし、その時は学校が、「午前・午後」と日々交代で通うことになるので

送って行かなくてはいけない日や、習い事へ行く日など、なかなか自分が病院へ行くタイミングが見つかりませんでした。

 

市販品で乗り越える


【第2類医薬品】パンシロン キュアSP 顆粒(セルフメディケーション税制対象)(30包)【KENPO_11】【パンシロン】

仕方なく、市販の薬で乗り切ることにしました。

胃酸があがってくることは抑えられましたが、飲み込むときに胸に「痛み」が走るようになりました。

そして、子供が3か月自宅にいたストレスから解放されたのか、自分の体温も上昇し

常に37.5度くらい。病院にいくのもためらいます。(今、病院の入り口では検温があるため)

しかし、ネットで調べるとやはり「いいこと」は書いていないので、消化器内科へ行くことにしました。

 

無事クリア

普段舌下で検温してますが、脇や「非接触型体温計」では36.5度となったので

第一関門クリアして、診察しましたが、やはりコロナの影響か患者は私一人でした。

午前のみの診療で「10人目」かなり少ないです。

古くからある「消化器内科」で気難しい先生なので、話しを聞いて欲しい年配の方はあまり来ないです(;^_^A

結果的に、腹部をところどころ押され「たまってるねぇ・・・。」と言いながら

レントゲンを撮ることになりましたが、「何がたまっている」のかは、怖くて聞けなかったです。

そして、施設の整った病院に行ったことはあるか?聞かれました。

第1次救急指定も、第2救急指定の病院も診察券があるので大丈夫!!と、診察券を確認したら

「診察券はどうでもいい」

と、おこられてしまいました( ノД`)シクシク…

結果的にレントゲンで見ると「胃が肥大」しているような感じらしく、精密検査が必要。

とのこと。

病院から予約を取ってもらい、1週間後総合病院へ検査へ行くことになりました。

初胃カメラ!?こわいなぁ・・・。

コロナストレスか、薬による「食欲増進」の副作用によるものなのか・・・。

【こんなに薬を飲んでたら何も言えない】

と、言われました・・・(;^_^A

 

来週からは「1日登校」へ切り替わるので、気が緩まないように気を付けないと!!

初日から「ママ起きれませ~ん!!」では通用しません。

 

 

桜もちのうつ病記 ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です