退院してからの一進一退の私の体調

広告

退院してからちょうど2週間が過ぎました。

家族の一員でもある、チワワも元の生活にすっかり慣れました。

しかしまだ私は、子供に振り回されっぱなしで、かなりストレスが溜まっています。

うまくストレスが発散できれば良いのですが、なかなかそこまでうまくはいきませんね。

 

退院してから変わったこと

退院してからまず、変わった事は飲み物です。

今までは子供に合わせて、麦茶をメインで飲んでいましたが、

自律神経を整えると言われているジャスミンティーを、毎日マイボトルに入れて持ち歩いています。

そのおかげか、退院してから、マイスリーが切れると目が覚めますが、それからまた眠れるようになり、

1日6時間ぐらいは寝れるようになったかもしれません。

 

そして、前はたまにしか飲まなかった紅茶ですが、時期的にもウィルス撃退効果があるので、

インフルエンザ予防兼ねて、子供と一緒に紅茶も飲んでいます。

ティーバックで入れた方が、ウィルスを死滅する効果が高いそうで、もともと紅茶派の私なので、家にはたくさんバックがありました。

それを毎日、お湯で煮出して飲用しています。

 

1人カラオケの復活

もともとは、音楽志望でボイストレーニングをずっと受けていたので、大きな声を出せばストレス発散になるかと思い、1人カラオケを復活しました。

うつ病になってから、歌う気力もなく遠のいていましたが、実際にやってみると気力はなくとも、

義務として、ボイストレーニングを思い出しながら、呼吸を整えて歌っています。

ストレス発散になっているかどうか分かりませんが、

知らず知らずに、呼吸が浅くなっているのが、意識的に深く呼吸をすることができるようになりました。

深く呼吸をすることも、自律神経をリラックスさせて整えてくれます。

深い呼吸を忘れないために、1週間に1度程度は1人カラオケをしています。

持ち込みも大丈夫なので、ジャスミンティーを大量に持ち込んで歌っています。

 

光時計の購入

 

【12月11日〜ポイント5倍!】光目覚まし時計 目覚まし時計 光 LED ウェイクアップライト ベッドサイドランプ 多色ムード アラーム USB 朝日模擬光 FMラジオ イルミネーション 置き時計 おしゃれ

 

私の部屋は家の中で1番光が届かない部屋にいます。

そのためどうしても、朝光が差し込むことがありません。

と言う事は、脳が「朝」を感じることが自然にできません。

そのため、以前何かで読んだ光時計を思い出して購入してみました。

手よりも少し大きな時計ですが、電源を使用すれば調光しながら、時間になったら切れたり、時間になったら光ったりします。

自分は眠っているので気づいていないですが、おそらく自然に明かりが灯ってくるので、脳が「朝を感じる」を自然にできているのではないでしょうか。

アラームが鳴ると、自然に目を開けることができます。

以前は瞼が重くて、なかなか目もを開けることができませんでしたが、今はスムーズに目を開くことができます。

そして、毎朝胸の上に重しが乗ったように重くて、起き上がれなかったのが、何とか起き上がれるようになりました。

しかし子供を送り出した後は、今までと同じように力尽きてしまい、再びベットに戻る日々です。

急がずあせらず、子供の新学期が始まる頃までには、自分の生活もしっかりと立て直すたらいいかなと思っています。

 

 

不眠症に本当に「ジャスミンティー」は効果的なのか!?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です