ブルーライトが与える様々な悪影響、肌老化、睡眠不足予防策は?

広告

皆さんいろいろな家電を自宅に持っていると思います。

それらは、気をつけて使わないと、肌老化ブルーライトによる寝不足そして、ドライアイなど

様々な悪影響を体に及ぼします。

特に身近にあるのが、テレビ、スマートフォン、ゲーム機です。

 

ブルーライトとは?

電気で作られた光が出す色のことです。

光は7色で作られていますが、その中によく知っているのが紫外線や、赤外線、なども含まれています。

この中でブルーライトと呼ばれるものは、青い光です。

なぜこのブルーライトはいけないのかと言うのは、肌や目の奥の方まで浸透していくからです。

紫外線  400nm未満

赤外線  700nm以上

ブルーライト 400〜500nm

ブルーライトが含まれるで硬い製品としては、

LEDテレビ

LEDライト

スマートフォン

携帯ゲーム機

パソコン

など

生活全体のどこかに必ずブルーライトが存在すると考えてもおかしくありません。

先程上の表で、3つの光の強さを表しましたが、数字が大きいほど影響が大きいのではなく、

逆に数字が小さいほど、肌や目の奥に浸透しやすいのです。

そのため肌に影響及ぼす紫外線目に影響及ぼすブルーライト」が重要になってきます。

 

肌に与える影響は?

肌に影響与える光として知られている「紫外線」が光の中には含まれています。

そして数値も小さいため、肌の奥まで浸透しやすいと言うことです。

スマートフォンは、現在社会の中では欠かせないツールとなっています。

またパソコンも、会社の中では必須のツールなのではないでしょうか。

うちはパソコンじゃなくてタブレットだから大丈夫。ではありません。タブレットも光を放っています。

そのため肌の奥深くに浸透する紫外線が、肌を老化させていくのです。そのために肌の奥へ浸透させない化粧品なども、最近は発売されています。


【送料無料】ナチュラグラッセ トライアルセット 02 ナチュラルベージュ|オーガニック naturaglace メイクアップクリーム 紫外線 UV UVカットSPF PA 日焼け 日焼け止め 旅行 トラベルセット お試し 化粧下地 下地 ベースメイク パウダー フェイスパウダー ギフト

日焼け止めと同じような効果があるので、常に日焼け止めを化粧下地として使うことをお勧めします。

 

ブルーライトが目に与える影響

ブルーライトが目に悪いと言う事はずっと言われています。なので知っている人も多いと思いますが、改めて書かせていただきます。

1番上の表でブルーライトは数値が小さかったですね。

そのため目の網膜の奥まで浸透していきます。その結果引き起こされることがあります。

睡眠時間の乱れ

睡眠不足

若年性の老眼

若年性の飛蚊症

網膜へのダメージ

などなど様々な影響があります。目がブルーライトを浴びることにより、脳が朝だと勘違いをします。

そのため夜ブルーライトを見た場合、寝るためのメラトニンを分泌するはずが、セロトニンを分泌します

そのため

眠れない

寝付けない

眠りが浅い

と、いった悪循環が繰り返されていきます。

対策としては、

明るさを調整し暗めの設定にする

ナイトモードがあれば、ナイトモードを使う

サーガーディアン機能があれば使用する

ブルー対策のフィルムを貼る

ブルーライト専用メガネを使用する

様々な方法で、ブルーライトから目を守る必要があります。

でもブルーライトは、知らないうちに浴びているので、防ぎようのない場合もあります。

またブルーライトによる、ドライアイに対しては目薬があります。

 

よく知られているのは、この2つの商品ではないでしょうか?しかしよくパッケージが変わるので、ドラッグストアなどで見落とさないようにしましょう。

しかしこれは、ブルーライトによるドライアイに対する1時的な対策に過ぎません。

そして気づいた網膜を修復する役割も担うかもしれませんが、根本的な治療にはなりません。

そのためブルーライトに対する自己対策は必須となってきます。

 

ブルーライトが強い製品は何?

では次にブルーライトを発する製品のうち、代表的なテレビ、スマートフォン、携帯ゲーム機の中で、どれが1番ブルーライトを発するか見てみます。

テレビ

携帯ゲーム機

スマートフォン

この順番で、ブルーライトがだんだんと強くなっていきます。

しかしブルーライトの量といっても、結果的にはあまり変わらないと思います。

どれだけ目に近いところで操作をするか

この順番だと思います。

まさかテレビを目の前1cmでまさかテレビを見る人いないと思います。

テレビ全体を見ようと、1メートル以上離れると思います。

携帯ゲーム機も、ある程度目から離れた場所で操作します。

しかし、スマートフォンについては細かい事を読もうと目に近づけることが1番多いのです。

しかしゲーム機も、キャラクターをよく見ようと目に近づけて操作をすると、結果的に同じこととなります。

ブルーライトに対する商品は100円ショップでもたくさんあります

好きな大きさにカットして使えるブルーライトフィルムや、サングラスや老眼鏡売り場などにあるパソコンメガネなとがそうです。

小額で対策できるので、ぜひブルーライト対策を家電製品にしてみてください。

1番大きいのは眠りに、影響及ぼすのがいけないので、寝る前1時間はブルーライトを見ないようにするのが1番いいです。

 

 

うつ病の初期症状について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です