入院8日目初の雨

広告

毎朝、平日にLINEが届く。

子供の分団LINE…。家にいるときから音消ししてある。

学校までが遠く、出発も早いため遅れたり、車登校の連絡が

次から次へと入ってくるからだ。鳴らないようにした。

私、入院してその存在を忘れてたけど、みんなは日常生活してるんだよね。

ひとり、夏休みの延長してるみたい。

 

日に日に募る罪悪感

 

この入院は本当に良かったんだろうか…?

なんだか、どんどん食べることへの罪悪感は大きくなるし

死にたいという気持ちも大きくなる。

 

幸いにも刃物はないし、窓は特殊な施錠であけられない。

そこだけは救いかもしれない。

 

私だけよそ者だから…。

この病院は、違う場所にクリニックを開いている。

一度セカンドオピニオンで言ったが、常時医師が5名ほどいるので

待合室はどこも座れず、階段にあふれるほどだった。

あとで、知ったけどその時、担当医となったのは副院長だった。

 

初診の担当がずっと担当医で変えられないシステム。

息がつまる待合室

診断結果に納得がいかず1時間以上受付で怒鳴りつける男性

常に踏ん反り返り、上から目線で当たり前でしょ。的な物いいの担当医

この全てに拒否感をしめしてしまい、元のクリニックに通って1年。

やはり自宅を離れよう!

と、思ったら、入院しかない!でもここしかない!!

選択肢がないから、ここに入院したよそ者です。

 

幸いにも、初診から半年以上経過していたので、担当医を変えることもできました。

新しい担当員は優しそうな女性の医師でした。

入院してから診察されたのは、入院時の1回と入院中の1回計2回です。

でもよく見ていると他の患者さんは、もっとマメに診察をしてもらっているようです。

やっぱり外から来た疎外感と言うのは否めません。

 

ひどくなるのはなぜ?

 

入院し、環境も変わったので私の心も軽くなり症状も和らぐかと思いました。

しかし常に何らかの焦りがあり、不安感に襲われています。

明らかに入院前と今では症状が悪化しているような感じがします。

 

その一因ににOverdoseがあります。

好きなだけ飲めていた薬が管理をされている。

そのため頭が痛くてもすぐに薬を飲めない、不安になってもすぐに薬を飲めない。

イライラ感が募る一方で、薬が飲めないことが不安感をさらに煽っているような感じがします。

 

しかしもともとオーバードースが良いことではないので、私には悪い変化と感じますが、

全体的に見れば薬の量が正常値に戻ったと言うことで良い方向に向かっていると見えるんではないでしょうか。

 

日常の家事

入院中のため身の回りの事はほぼ全て病院に任せていますが、洗濯は自分でコインランドリーを使って行っています。

そして毎日床掃除が入るような病院では無いようで、床は髪の毛だらけで汚れています。

それをたまに掃除することもあります。

 

結果的にご飯の用意をせず、簡単な家事をする。

家にいた時は冷凍食品を食べ簡単な家事をする。

さほど変わっていない生活をしているのかもしれません。

 

今日は入院して初めての雨です。洗濯物がたくさんあるのに外に干すことができません。

電気乾燥機で乾燥するしかないのでお金がかかるのがちょっと嫌かなと思います。

やっぱりこういう時こそ、太陽の下でしっかり乾いたパジャマを着たいです。

今日は男性がお風呂の日のため、清拭をするしかないです。

検温など日常のことが終わったら、体をきれいに拭いてパジャマにまた着替えます。

洗い終えたパジャマに着替えるだけでも、気持ちが少し軽くなります。

 

うつ病の入院日記

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です