最近、動けなくなっている原因はどこにあるのか?

広告

ここ最近朝は全く動けない日が続いている。

エナジードリンクを飲んで、無理矢理体を動かすこともできるが

出来る限りそれはしないように、体が動くようになる昼までベッドで過ごしている。

 

旅行の疲れ

冬休みが終わる直前に子供と、温泉旅行に行ったことが原因だろうか?

しかしその前に年末年始があった。

年末年始はいくら親戚が少なくても、それなりに家族としての行事がある。

年末年始ぐらいは、参加しなければいけないかと義務感のようなものがあり、半ば無理やり参加したのがいけなかったのだろうか?

また病院に戻りたい気持ちでいっぱい。

1日中疲れきってしまい、そこに来て旅行に行ってしまったのがとどめを刺したんだろうか。

なかなか、私自身の生活を取り戻せずにいます。

 

子供の予定

自分自身の予定もあり、子供自身の予定も私はこなさなくてはいけない部分もある。

できるだけ予定は、遅い時間に入れてもらっているが、子供が冬休みが終わりゆっくりできるかと思ったら

自分自身の病院や、家庭訪問、そして児童相談所での子供の知的検査の結果を聞きに行くなど

全くゆっくりする時間が自分自身にない。

それがどんどん蓄積しているのだろうか?

内職もどんどん入ってきている。それをこなさなくてはいけないのもある。

 

パソコンでの作業なのでいつでもできますが、どんどんと仕事が入ってくるのは、私自身がその方が雇っているライターの中で、

1番の信頼を得ているのか、重要な記事は私に回ってくる

そして急ぎの案件も回ってくるので、できるだけ自分のことを差し置いて、仕事を優先することもある。

結果的に午前中は休めても、あまりすっきりしないまま午後を迎え、仕事をしたらもう夕方

子供が帰ってくる時間になってしまう。

 

そこからは、日常生活をしなくてはいけない。お風呂に入り、子供の薬が飲み忘れないよう注意を促し、

時間を見計らって歯を磨くように声をかけ、とにかく冬休みの時間から、子供が一刻も早く抜けるように努力をする必要がある。

しかし、子供はまだまだ冬休み気分なのか、朝は全く起きてくれず、動かない体で一生懸命私は自分の部屋から叫んでいます。

そして結局、母屋から子供の姿が見えないので寝坊しているのではないかと、父から電話が入ります。

そうなると、分団登校には間に合わないので、祖母に学校に送ってもらうようになります。

そうなってくると、それが普通になってしまい、歩いていかなくなってしまいます。

できるだけ早く、3学期の生活に戻すように努力をする一方で、自分自身が疲れきってしまっているのかもしれません。

やらなくてはいけない

こうでなくてはいけない

と言う気持ちが、自分自身の中でとても強くあることを自覚しています。

それがより自分を苦しめているのかもしれません。

とにかく、自分自身がリラックスできるように意識的に時間を作っていかなくてはいけないと思っています。

 

 

桜もちのうつ病記 ブログ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です