発達障害の思春期と反抗期、一気に来ると戦争だ!!

しばらく更新を休んでいたわけではなく、まぁちょっとした戦争がつづいていました。

 

6年の終わりに初潮を迎え、同時に思春期のようなことが訪れ、そこに反抗期が来て、

 

家の中は毎日ひっちゃかめっちゃか・・・。私は疲れ果てて家出を決行したくらいです(;^_^A

 

訪れた初潮

今まで何度も説明し、生理用品の使い方も教えてきたつもりでしたが、いざ本人が「初潮」を迎えると、

 

周りの友達の仲間入りをしたような気持で、しばらくはうれしそうでした。しかし、勘違いがひとつ。

 

何度も説明したはずですが、初潮が来たら「生理は何十年続く」ということが、理解できていなかったのです。

 

そのため、1回で終わるからいいの。みたいなことを言っていましたが、それを否定した時、子供は愕然としていました。

 

そして、用途に沿って生理用品を使い分け、必要に応じて痛み止めを服用すること。

 

初めてなので、感覚もまばらで、生理痛もひどいらしいのですが、「反抗期」が邪魔をして、

 

クスリを飲めば楽になる。というのに、天邪鬼で絶対に飲まない。そして、どうしてもうまく変えるタイミングがつかめないので

こちらのパンツタイプを大量にストックしましたが、やはりこれも天邪鬼で、気分がのらないと付けない。

 

そしてそこら中汚してしまう。なかなか「生理」というものが理解できず、半年ほど経った今でも格闘し、

 

段ボールには、様々なサイズが試せるように、いろんなタイプのナプキンを用意し、用途も説明していますが

 

交換したら、洗面所に「ポイッ!」、部屋を見ると、包み紙があちこちに・・・。まだまだ時間がかかりそうです。

 

思春期

誰でも経験すると思います。「思春期」誰かを好きになり、性的なことに興味を示すようになり・・・。

 

そんなことが、夏にあり「警察」にお世話になりました。しばらくは沈静化していたのですが、

 

スマホをチェックすると、よからぬ検索ワードが引っかかって来る。そして聞くと、検索して中に入って「見た」

 

そういうところへは入れないように設定してあり、スマホが使える時間も制限してあるのに、「なぜ!?」と

 

逆をたどっていくと、LINEの「タイムライン」から入れるようで、LINEモバイルですが、LINEも時間制限を付けました。

 

こちらが対策をしていかないと、間違った知識だけが先に頭に入ると、それを口にしてしまった時が怖いですよね。

 

反抗期

もう、本当にくるものすべてが一気に6年の終わりに来ました。

 

「反抗期」もそのひとつです。何を言っても「反対意見」ばかり言うので、物事が先に進まないし

 

挙句に「生まれてこなければよかった。死んでしまえばいいんだ」

 

と、頭を自分で何発も殴り続けます。医師曰く「自虐行為」なので、止めなければいけないのですが、

 

そこへ入れば、余計に逆なですることがわかっているので、治まるまで待つしかありません。

 

そこで、今服用している薬を、ADHDのための薬ですが、わずかに増量してもらいました。

 

とにかく、薬を飲むにも「理由」が必要で、みんなが飲んでないのに、何で自分だけやらなくちゃいけないの!!

 

と、被害者意識の暴走です。アダルトサイトへのアクセスは今のところ落ち着きましたが、

 

反抗的な態度や、生理に対する理解はまだまだついていきません。戦いはながいですね・・・。

 

 

凸凹家族の毎日ブログ

返信を残す