毎週1度以上の「食」の暴力の病院食

広告

毎日3回ちゃんと食事を提供してくれる病院。とてもありがたい(^^)

しかし、外部の給食業者が入っていないせいか、病院職員が調理をしているらしい。

そのため、仕入れも安くするために日持ちする同じ食材を大量購入し、それをやりくりしているので時々おかしなことになる。

 

コーヒーが飲めない

私はカフェインに弱いのか、コーヒーや濃い緑地を飲むと体調を崩す。

そのためか、チロルチョコ

これ1個すら食べられない。

これは中に「コーヒー味のヌガー」がはいっている。

飴1個すら食べられない…

けれどここの病院食は毎週土曜日に

必ずこれがでる(T . T)

あんなにたくさんフレーバーがあるのになぜ?ヤクルトへの変更を何度もお願いしたが通らなかった。

結局、退院も近い。あと1回土曜日もこれしかないだろうな。

今日のお昼

本日のお昼ご飯は

ハーフ焼きそば

牛乳

カットパイン

サンドロールカフェオレ味

画像は名古屋めしの小倉マーガリンですが、これも数あるフレイバーからなぜカフェオレ?

なぜ?

そして、なぜ食べられないことを看護師に責められるの?

理由なんてなくて、コーヒーの味も香りも全て受け付けない体も存在するんです。

せめて、一括購入するならアソート購入とか、万人受けしそうなミルク系とコーヒー系の2種類とか…。

私にとって、さりげない食の暴力にほかならないのです。

 

うつ病の入院日記

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です