うつ病は「仮病」ではない。

広告

今、子供が夏休み中ということもあり、発達障害のある子供とは衝突が絶えない。

その中でも、今日言われた言葉の数々の中に

「ママはいつも病気って嘘をつく」

そうだよね。たしかにあなたには嘘に見えるよね。

でも体温計だって「きみはゆっくり休むべきだ」っていうし

病院の先生にも「しっかりとリラックスできる時間を持ってください」って

沢山の薬を処方されて、もうこれ以上処方できないって言われているんだよ。

 

周りから理解されがたいうつ病

 

 

うつ病は「脳の中で起きている」病気です。

そのため、見た目は健常者と何ら変わりません。時に「辛そうな顔」をしているかもしれませんが

生活に何の制約もなく、しいて言えばとにかく「休むこと」を大切に考えます。

 

そのため、周りの人間からは「さぼっている」と見えがちです。

しかし、頭をパカッと開けて、「ここがこうでね・・・」と説明できる病気でもありません。

ましてや、いつも「大量の薬」を持ち歩いているわけではないので、病気だとは気づかれにくいのです。

 

見た目は健常者

 

 

私は「精神福祉手帳」を持っています。

ということは、何らかの障害があるということです。

しかし、その手帳を首からぶら下げて歩くわけでもなく、誰かに見せるわけでもありません。

困ったときに、助けてほしい時に専門機関に見せれば納得してもらえる程度です。

 

発達障害の子供から見る母親

 

我が子には先天性の発達障害があります。発達障害は100%遺伝なので、妊娠中の生活がどうだった。

ということは、関係なく、そして、生まれてからの育て方が悪かった。というわけではありません。

生まれながらに、脳に未成熟な部分があり、同じ年齢の子供と比べると言動も行動もどこか幼いです。

我が子には「発達障害」の中でも、4つくらい併せ持っているのですが

その中で一番ネックになっているのが「周りの状況を理解できない」すなわち

 

KY

です。

だから、どんなに私自身の状況を説明しても、手帳を見せてもそれが何なのか!?

自分が療育にどうして通わなくてはいけないのか!?周りの友達と何が違うのか!?

どうしてママはいつもベッドにいるのか!?ママはどうして料理をしなくなったのか!?

 

彼女の中には毎日たくさんの「?」にあふれています。

 

そのため、思い通りにいかないことばかりで、いつも感情を爆発させています。

しかし、これも障害のひとつで

 

物事をすぐに忘れてしまう

 

という、便利なのか不便なのか!?そんな障害もあるので、その時理解できても

しばらくするとまた同じようなことを言い出して、かんしゃくを起こして怒りを爆発させます。

そんな親子は負の連鎖から逃れられないのです。

 

うつ病ってなに?

 

世の中でこれだけ「うつ病による自殺者」の数が増えていても、うつ病って何?ってたまに聞かれます。

特になぜか韓国の芸能界にはうつ病が原因で自殺。といったニュースが多い気がします。

うつ病って何?

って、聞かれたらまずは

自分の頭と体であって、自分のものではない。

と、答えるしかないでしょう。「こうしたい!!」という周りから見れば、簡単な希望も

うつ病を抱える本人にとっては、果てしなく遠い目標なのです。

 

料理することも、私は以前は得意でした。おいしいか、まずいかは別として・・・。

自分で言うのもなんですが、手際よく炊飯器の早炊き機能の時間と、おかずが出来上がり

キッチンで使った道具や食器はすでに洗われた状態で、「いただきます」をしていました。

熱いのが苦手な子供は、炊き立てのごはんが熱すぎて食べれないほどでしたが

今はこの「料理」ができないのです。

段取りを考え、材料を無駄なく使う。

たったこれだけのことに気を付ければ、うまくできるはずなのに、どのピースをもってきても当てはまらないような

できる気が全くしないのです。材料を切ることすら、料理に合わせてカットすることが果たしてできるだろうか・・・。

分量も2人分きっちり作っている私ですが、果たして2人分作れるのだろうか・・・。

 

今まで当たり前にできていたことが、まったくできないのです。

これはさぼっているわけでも、怠けているわけでもなく、思考がどこかで止まってしまっているようです。

他にもできないことがたくさんあります。だからこそ、子供は友達の家と比べて

ママは病気だって嘘ついて何もしない。

って、言われます。はっきり言って辛いですが、彼女が言うのもわかるのです。

私が薬を服用しているのは知っていますが、私が通院している病院へ行ったことがないのです。

次回の診察には同行させようと思っています。

 

 

 

桜もちのうつ病記 ブログ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です