真野恵里菜主演映画「青の帰り道」概要

広告

舞台は2008時の東北の田舎町。

高校3年生の、カナ、キリ、リョウ、タツオ、コウタ、マリコ、ユウキの7人は仲が良かった。

帰り道も一緒、夢を語るのも一緒。

そんな関係が変わり始めたのは、卒業して3年後のことだった。

 

青の帰り道 概要

キャスト

真野恵里菜    カナ

清水くるみ    キリ

横浜流星     リョウ

森永悠希     タツオ

戸塚純貴     コウタ

秋月三佳     マリコ

冨田佳輔     ユウキ

工藤夕貴     キリ母

平田満      タツオ父

主題歌

amazarashi

「たられば」

 

あらすじ

 

カナの夢は、タツオとデュオを組み歌でデビューすることだった。しかし、タツオが大学受験に失敗し、先にカナだけが東京へ行くことに。

キリは写真家になることを夢見て、東京の専門学校へ行くも中退し、カナのマネージャーになることを決意する。

ある日、カナのデモテープがレコード会社に注目をされたが、デビューはタツオと作った曲ではなく、にんじんの被り物をしたアイドルとしてデビューが決まった。

カナのマネージャーを務めるつもりだったキリには、他のアイドルの担当が回され、2人の歯車が狂い出した頃、キリは1人の男性と出会い、カナとの共同生活を解消する。

 

一方地元に残ったリョウ、タツオ、コウタ、マリコ。

リョウとコウタはちょっとぐれている部分もあり、進学、就職をせずに土方のバイトをしていた。

しかし、ある日コウタと高校から付き合っていたマリコが妊娠し、結婚を機にアルバイトから正社員になった。

一方で、リョウは悪い先輩にたぶらかされ、タツオを運転手に何度も職場から「銅線」を盗み出し売り捌き、一部をタツオにわたしていたが

とうとう、会社の知るところとなり、バイトを首になり、東京へ行くが、ここでも人にたぶらかされ「オレオレ詐欺」に手をそめていく。

男子で唯一東京の大学へ行ったユウキは、大学生活を謳歌するも、就職が決まらず、保険会社で働くも、叱責の日々を過ごしていた。

一方でタツオは、カナとデュオを組んでデビューする夢を諦めていなかった。

予備校に通い、何とかカナのいる東京へ行こうとするも、3度の挫折を味わい「引きこもり」となる。

そして、ネットを見ればにんじんの被り物をしたカナこと、カナコへの誹謗中傷ばかり。

カナの苦しみが痛いほど分かるタツオも、だんだんと心を病んでいき、最期の日カナを励ますテレビ電話をするも、にんじん姿だったカナは、タツオにあたってしまった。

悲しみにくれたタツオはそのまま帰らぬ人に。死因は明らかにされていない。タツオは遺書の代わりに東京行きの切符を残した。

いっぽうで、カナもにんじんをかぶったカナコばかりを演じ、カナとして自分の曲でデビューできないことに苦しんでいた。

そんな時、同じプロデューサーが担当していた、別のアイドルグループが、カナとタツオの曲を発売した。

怒りに事務所へ殴り込むも何もできず、6人に「ずっと友達だよね」タツオの最期と同じメールを送り手首を切った…。

駆け付けたのは、東京にいたリョウだった。リョウから輸血を受けたカナは一命を取り留め、リョウも悪いことから足を洗っていた。

キリは結婚詐欺にあい、地元に帰っていたが、それぞれがタツオの誕生日に再会したことで、壊れかけた友情を取り戻していった。

 

桜もちのうつ病記 ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です