入院14日目2週間家族と離れてみて

広告

私の唐突な入院から早くも「2週間」が経過してしまいました。

その間に、様々なことがあり、今に至る・・・云々。

しかし、期待していたほどの劇的な変化もなく、平凡にすごしています。

 

2週間経って変わったこと

 

2週間もたてば、「何かが変わるかもしれない」と期待を持って入院しました。

がっ!!ストレスの大きな原因から離れたことで、心が緩み、そこに誰かのちょっとした一言が矢のようにささり、

私の心は瀕死寸になりかけたりしています。

本当は載せたくないですが、記録のために・・・。危険物を預けていてもこうなります。

自己規制のため、モノクロで失礼します。

危険物はなくとも絶対預けられない「爪」という人間の一部で自分を傷つけることもできてしまいます。

 

でも、入院してよかったことは、先生がこまめに診察をしてくださる点。

入院してすぐ思い出せばよかったのですが、しばらくして「うつと診断されてからの薬遍歴」のメモがあることを思い出し

つい、先日先生に渡すことができました。

 

現在の処方

夕食後

・セルトラリン50㎎2錠

・ミルタザピン15㎎

睡眠前

・コントミン12.5㎎

・ゾルピデム10㎎

・ロフラゼブ酸エチル錠1㎎

・レスリン25㎎

 

初診時の診断(入院時の)では、先生も「クリニックの先生もなかなか考えてくださった処方ですね」

と、おっしゃってくださったのですが、本当にこれでいいのか!?

あと、2週間で処方が変わるのか見ていきたいと思います。

 

とにかく寝たい

 

私の希望を先生に聞かれ

・料理ができるようになること

と、答えましたが、現段階で食べ物の匂いが気持ち悪くて食事もろくにとれないので

まずは、食事ができるようになることが目標ですが・・・。

一番の願いはとにかく「眠りたい」その一言です。

うつと診断されたのが、2年前の2月ですが、その3か月前は全く眠っていませんでした。

なので、3年近く眠った!!という気持ちを味わっていないのです。

就寝できるようにゾルピデム、その他は、睡眠を維持するための処方になっていますが

それでもゾルピデムの効果が切れるとぱっと目が覚めてしまいます。

その後は、寝たのか寝てないのか・・・。

 

そして問題は入院してからも5時に起きてしまうこと。

毎朝子供を6時に起こすため、私は昔からそうですが、起きようと思う時間より1時間以上前に目が覚めるのです。

なので、病院でも5時に目が覚めてしまい、テレビを視聴してもいい時間が朝6時から

洗濯機を使えるのが朝7時から。ときめられているので、せめて6時まではベッドでおとなしく過ごしています。

洗濯物がある日は、同じ階のコインランドリーへ行って洗濯をして、干してからまた8時のご飯までよこになり、

食後は眠気が来るので、また横になってうとうとしていると「朝の検温です」と起こされてしまいます。

微熱は入院前1か月以上続いていましたが、今は同じ体温計で計っていないのでわかりませんが

微熱状態は続いています。時々37.6度などと出る場合もあるので、家なら38度以上かな。

と、思ったりもします。

 

つぎ、診察があったら「とにかく寝たい」ということを訴えてみます。

薬の一覧からまだ試していないものがないかどうか・・・。

違う先生の目から見て、違う組み合わせはないのか!?

それを今後期待しています。とにかく「おはよう!!」と言える朝が欲しいです。

 

うつ病の入院日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です