関テレ制作、フジテレビ系放送「探偵由利麟太郎」仮装パーティーで人殺し!?

三津木は編集者に勤めながらも、由利麟太郎の助手をしているばかりで

肝心の「記事」を書くことができない。そのため、編集長から「仮装パーティー」に参加し

記事を書くように言い残し、三津木は会場に残されたが・・・。

 

 

会場から去ったピエロ

仮装パーティーではモデルによる「和柄のピンヒール」のお披露目が行われていた。

参加したモデルは同じ事務所の

名越優美

白川珠喜

川瀬文乃

の3人が参加していたが、そのピンヒールを気に入らないモデルがいた。

川瀬文乃だった。社長の前でピンヒールを脱ぎ捨て、名越の後にランウェイに上がったが

その足は「裸足」だった。そして、会場がどよめきに包まれる中、文乃は会場から去って行った。

 

その頃、優美と珠喜がいるVIPルームにピエロの仮装をした人物が、トレンチに美しい小瓶に入った香水を持ってきた。

それを初めてに手に取ったのは優美だったが、その可愛さに珠喜が取り上げ自分に吹きかけた。

優美は文乃と自分の分も香水が欲しい。と、ピエロを探し回ったがどこにもいない。

しかし、その後ろで珠喜が突然痙攣し倒れた。倒れる時に片方のピンヒールが脱げVIPルームの下に落ちた。

ちょうど、その下には三津木が仮装に使った「海賊の帽子」を脱いでいた。

その中にすっぽりとピンヒールが落下した。

 

第一発見者三津木

三津木はピンヒールを返しに行こうと、2階へ上がったのだが、片方のピンヒールだけ履いた女性が座っていた。

すれ違った優美は会場が【圏外】のため、外に出て救急要請をしに外に出ていた。

しかし、三津木が女性を見た時には、「目から血を流し」珠喜はすでに亡くなっていた。

第一発見者の三津木は「容疑者」として拘留されてしまった。

しかし、その後会場を後にしていた文乃はピエロと遭遇していた。

 

優美は料理研究家の旦那とうまくいっていないのか、お店の「頭金」に自分の貯金が使われたことに怒りを覚えていた。

しかし、由利たちが話しを聞きに行くと、仲の良い夫婦を演じていた。

珠喜は実家への仕送りのため、文乃とルームシェアしていた。

と、優美はそう話したが、文乃の命は大丈夫なのか!?

由利はひび割れた懐中時計をみていた。かつて水中にピンヒールを履いた女性が落ちていくのを止められなかった。

 

ピンヒールの秘密

あのピンヒールはなぜか「社長」が【溺愛】していた。

【足モデル】が多い事務所なのだが、優美が履いているそのピンヒールを溺愛していた。

優美の旦那は、その写真を見ていた。SNSにアップされているのか異常なほどに足を愛している。

そして、旦那がたどり着いた物件には、大量のマネキンが吊るされ、足には和柄のピンヒールが履かされていた。

由利は「34㎝」の靴跡が気になっていた。三津木にそのことを確認しに行くと

 

当日は仮装パーティーなので、そんな大きな靴を履いていてもおかしくはない。そしてピエロは会場にいた。

 

怪しいのは「ピエロ」なのか!?文乃の部屋へ由利たちが訪ねた時は留守だった。

しかし、後日由利が訪ねると、ガレージに閉じ込められた。

中には【ピエロ】がいた。そして、部屋の中には文乃の遺体が・・・。

ピンヒールを履かせに戻ったらしい。その足にはあの「京極染めのピンヒール」が履かされていたが

それは優美のサイズだった。その前日優美の部屋からなくなったピンヒール。

 

真相は事務所なのか!?優美の旦那か!?

由利がガレージに閉じ込める時に、立去った人物がいた。

優美の事務所関係者だった。

しかし、ピンヒールを優美のピンヒールを持ち出したのは、おそらく優美の旦那。

ショーを行う時、会場の足跡の中に「ローズマリー」を踏んだ足跡があった。

由利は気づいていた。ピエロの正体が「名越恭介」そう、優美の旦那。

「京極染めのピンヒール」を履いた足をめでる社長の姿を、恭介は知っていた。

夫は優美の為に毎日料理を作っていたのだが、一切その料理に「興味などない」しかし、社長の誘いには必ず応じる。

 

本来、香水は優美に渡したものだった。しかしそれを珠喜が取り上げたため

恭介の計画は失敗に終わった。本来は優美を狙っていた。

それを恭介は優美に打ち明けたが、同じころ事務所をピエロが狙っていた。

事務所にはすでに惨殺された社長の姿が・・・。

名越の車はどこへ向かったのか!?由利の協力により釈放された三津木も加わり

恭介の居場所を探っていたのだが・・・。

 

関連記事

地上波ドラマ初主演「探偵由利麟太郎」を演じる吉川晃司プロフィール

 

 

フジテレビ系列放送全5話横溝正史原作【探偵由利麟太郎】は先端恐怖症!?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA