フジテレビ最終回2時間SP「竜の道」うねりながらも交わる2人

竜一は、殺めてはならない人物をあやめてしまった。

以前からずっと「子供の存在」を側近に感じさせながらも、血は争えない。

悪事を徹底的に調べ上げ、記事に起こし、駆け引きを持ちかける。

それが、フリージャーナリスト沖のやり方であり、曾根村の血を引く息子のやり方だった。

 

標的にされた竜一

曾根村は、自分の息子の行動を把握しながら、それを竜一には伝えなかった。

自分の息子が、我が息子のように気にかけてきた、竜一をどう料理するのかを見ていたのだろう。

そして、霧島との取り引きで「二見を消す」と依頼する音声を、竜一と取り引きし、

「二見を殺ったら、音声を渡す」

と、拳銃を渡し、竜一が再びどう出るのかを見ていたのだろう。

しかし、竜二に言われ殺人を思いとどまり、二見を海外へ逃した。

 

そして、さらに何をしでかすかわからならい竜一を止めるように

あとは俺がひきうける

という、竜二と争いに発展した。だったら今まで自分は、何のために他人に2度もなり

霧島源平への復讐をしてきたのか。兄として、竜二と美佐が明るく笑えるためだ。

なのに、今更「降りろ」という竜二と、殴り合いに発展し、曾根村の拳銃を使った。

 

全てお見通し

曾根村の力があれば、竜一がどんな動きをしているか、外に出なくともわかる。

自分が音声データと引き換えに、二見殺しを依頼したように、

息子は国交相の弟、教師の妹を巻き添えにするような記事を書き、交換条件でお金を要求してきた。

やはり、親子はやり口がにるものなのか?

たとえ、曾根村が「父」だと沖になのりでなくても。

 

そして、竜二は生きていた。竜一に意識を失うほどに殴られながらも、

竜一は銃弾を、竜二の横のコンクリートの柱に3発打ち込んでいた。

和田は、打ち明けなくとも最後、美佐の頬をつねりながら「泣いたらいけん」と言った。

それは、名乗らなくても充分な仕草だった。兄2人が何をしようとしているのか?

美佐にはひとつしか思い当たらない。そして、意識が戻った竜二は美佐の電話にでた。

竜一は、これだけ打ちのめしてまでも、俺たちを守り、すべての罪を背負おうとしている。

今まで隠し通してきたことを、美佐に告げた。

 

仕掛けられたGPS

天才的ハッカーである、凜子は和田とブラジルで出会った。

放っておけば、今にも死んでしまいそうな目をしていた

だから、何も聞かずに和田に今までついてきたが、凜子は和田が何をしでかし、死ぬことさえ恐れないのか。

何も聞くことはなかった。しかし、凜子は万が一に備え、和田のスマホに分からぬようGPSアプリをインストールしていた。

竜一を心配し、会社に来た美佐。

ちょうど凜子も砂川も竜一のただならぬ様子で、会社を後にしたのが気になり

3人でGPSを辿ることにした。「曾根村」という、ヤクザの頭を訪ね、その後広い倉庫でGPSは途切れている。

凜子はアプリの復旧を急ぎ、美沙は竜二に竜一の足取りを伝えた。

 

GPSは、復帰できたのか動く事のない、和田のそばに凜子がいた。

そして、和田は自分の部屋で目覚めた。怪我も手当てされているが、誰もいない。

自分は曾根村の実の息子を殺しながら、曾根村はトドメを刺さなかった。

生かされている。ならば最後まで思いを遂げなくてはいけない。

 

関連記事

【竜の道】復讐を誓いあった一卵性双生児の幼い兄弟を演じたのは阪本兄弟

竜一の過去を暴くジャーナリスト沖を演じる落合モトキ【竜の道】フジテレビ

フジテレビ系列「竜の道」兄を慕う義理の妹美佐を演じる松本穂香

「死役所」「竜の道」その他、今ドラマにひっぱりだこの松本まりかさんプロフィール

 

関テレ制作玉木宏×高橋一生2双の竜がうねる「竜の道」明らかになる沖の正体。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA