「リカ〜リバース」リカに憧れリカになった、ユカを演じた山口まゆ

リカ」2019年放送の、フジテレビ系列ドラマで、強烈な印象的な残した女性がいた。

 

雨宮リカ28歳。運命の男性と巡り会うことを熱望している女性。人呼んで純愛モンスター。

 

どのようにして彼女が育ったのか「リバース」にて明らかになった。そして彼女はモンスターとなった。

 

ユカを演じた山口まゆプロフィール

名前 山口まゆ

生年月日 2000年11月20日

出身地 東京都

血液型 A型

身長 157センチ

職業 女優

デビュー 2011年

事務所 フラーム

4歳の頃から母の勧めでバレエを習い始める。将来の夢はバレリーナ。

ある時母親に連れられて、劇団四季のミュージカル「サウンドオブミュージカル」を観劇に行った。

そこに感銘を受け、自分自身も舞台に立ちたいと、小学校4年生から子役としてデビューしている。

しかし、中学生になると一旦学業に専念するため、芸能活動から一時遠のいていたことがあった。

学業に専念するため、一時的に芸能界から距離をいたが、夢をあきらめ切れない姿を見て

母親がオーディション雑誌から、オーディションに応募したところ、多くの事務所からオファーが来た。

そこで、彼女が憧れている有村架純さんが所属するフラームに決定した。

 

ユカの役どころ

彼女は二卵性の双子として雨宮家に生まれた。彼女には双子の姉リカがいた。

父親はクリニックを経営しており、近所でも評判の家に生まれた。

しかしその羨望のまなざしを受けている家は、麗美という母の厳しいしつけのもとに成り立っていた。

 

母親は常に、姉妹に完璧であることを求めた。テストの点も100点でなければいけなかった。

もし100点でなければ、母親からのしつけが待っていた。

しかしそれは麗美自身が自分の左手首を、靴べらでなんとも打ち続けるところを見せられる。

 

特にリカに対しては完璧を求めており、リカが少しでも点数が下がると、ユカは自分の答案を差し出した。

自分の方が少しでも点数が悪ければ、リカは叱られないと思った。

しかし両親ともに、ユカの事など眼中になかった。そんなリカのことをユカはずっと憧れていた。

 

二卵性の双子とは言え、姉妹として生まれた2人だが、リカの方が目鼻立ちが良く美人だった。

そしてバレエコンクールでも金賞受賞する位の腕前を持っていた。

もちろん学校でも成績優秀で、常にトップを走っていた。湯川その後を応用に3位だった。

 

ユカは常にリカに憧れ、できるならばリカになりたいとずっと思っていた。

そんな思いが徐々に強くなり、自分を愛さないのは周りが悪いと、父の愛人を排除することから始まり

雨宮家の周りでは、次々に人が失踪していく不可解な事件が起きていった。

 

麗美はことの全ては、自分とよく似た性格のリカが行っていると思っていた。

そしてリカをかばおうとした時、ユカはすでにリカを殺害していた。

リカが自分の姉である限り、自分は絶対リカにはなれない。ならば排除してしまえばいい。

 

そして純愛モンスター「雨宮リカ28歳」は誕生した。

 

SNSでの演技の評判

最終回はまさに「怪演」でしたね。まさかすべての犯人ユカだったとは誰も思わなかったでしょう。

私自身もドラマを見ていて、麗美が絶対に怪しいと思っていました。

 

しかし最終回の本当にラストで、山口まゆの本当の演技の素晴らしさを目の当たりにしたと思います。

どんなに自分が人から愛されたかったか。どんなに自分がリカのように愛されたかったか

 

涙ながらに、母親に本心を打ち明ける姿は、愛に飢えた少女そのものでした。

そのユカが大人になり、雨宮リカとして30年前と同じように、邪魔者排除するのです

 

世紀の純愛モンスターであり、最強のストーカー「雨宮リカ28歳」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA