「自分だけは特別」と思いがちな発達障害の子供の特性

この話しは、我が子だけではないと思います。

「自分だけは特別」=大げさ

ということです。これにどう対応するか、いつもこまるところですが・・・。

今も、我が子は自分だけが・・・

と、泣いています(;一_一)

 

自分だけ

発達障害の子供は「視野」や「思考」が狭くなりがちです。

例外なく我が子もそうです。

普通、180度見渡せる視界が1/3程度しかないんじゃないか!?

くらいに、普段見ている「世界」も狭いのです。

そのため、なくしものをすると「探し出す」のに、人一倍苦労し、

人の3倍は部屋が散らかります。

 

子供が泣いて帰ってきました。

「足が痛いのに、先生に無理やりは知らされた( ノД`)シクシク…」

えっと・・・それは体育の時間の話しだよね?

私が見た目にも「足に外傷」がないので、そりゃあ先生も走らせるよね。

そして、クラスの子も授業だから走るよね。

うん、当然のことだけど、「私だけ無理やり走らされた」

という部分がどうもお気に召さないらしい。

 

成長期を迎え、「成長痛」かもしれないし、今習い事のスイミングでバタフライをしているので

余計に痛いのかもしれない。

そういえば、あなた私が入院中に足が痛いって病院行ったよね?

 

「足が痛い時に塗ってね」って薬もってるではないですか・・・。

なぜそれを痛くなったら塗らないの!?

痛いって言いだして1週間以上経ってるよね?それをきっと忘れてたんだね(;^_^A

 

病院へ行きたい

大体同じことを言い続ける場合、我が子は「病院」へ行くと落ち着きます。

「病院」という特別な場所が安心感をくれるのでしょう。

普通だったら「湿布でもしておけば」で済みますが、同じ言葉を病院の先生から

言ってもらえばそれで安心してしまって、「湿布」はわすれてしまうのです。

そして、また「足が痛い」と泣き出すのです。

 

私自身もいかなくてはいけない病院がありますが、なかなか年末年始に崩した精神的疲労は回復せず

自分の病院も行けていない中、子供も病院ばかり行かなくてはいけません。

本当に自分がもう一人、元気な人がいたらなぁ。と思います。

そして、シングル家庭の辛さを思い知ります。

 

もし、私に旦那さんがいたならば、同じ悩みを共有して協力していけたのに・・・。

 

なんて、妄想です。

子供の障害は元旦那からの遺伝なので、同じ人間が2人いなくてよかった。

と、思うのです。彼もまた「自分だけ」がとても強い人間でした。

お皿を1枚でも洗おうものなら「自分はこんなに家事をしたんだから褒められて当然」

が、私にとっては普通のことなので、素通りすると殴られます。

 

「平熱が35度台なのに、36度もあるから熱があるのに、熱はないというあの医者はやぶ医者だ!!」

と、騒ぎ立て、ドクターショッピングをしはじめ、自分の「熱」を大変だね。

と、言ってくれる病院を探して回ります・・・。

 

我が子が将来そうならないために、もっと視野を広げてあげたいのですが

やはり、点つなぎなど目を動かすトレーニングがそれには有効なようです。

どんな点つなぎが我が子が喜ぶのか、探す必要がありますね。

点つなぎは好きなので、後は出てくるキャラクターが好きなものだともっと気合入りそうです。

 

 

ADHDの特性がだんだんと強くなる我が子の状態

返信を残す