犬のしつけ教室に本格的に取り組む!!子供と一緒に!

我が家の犬は「無駄吠え」と「落ち着きがない」のがちょっと欠点です。

昨年、私が急遽入院し、知人の家に預かってもらいましたが

かなり迷惑をかけたようで・・・(;^_^A

これは本格的に「しつけ」に取り組まないといけない。

と、思いましたが、それには「こどもの理解」が不可欠です。

私だけがしつけに力を入れても、そこを我が子が理解できずに土足で踏み荒らせば

なんの効果もないどころか、犬自信が戸惑います。

 

初めてのしつけ教室

幸いなことに、家から徒歩圏内に「犬のしつけ教室」がありました。

元々「保護犬」や「保護猫」の譲渡などに力を入れているお店で

私も自分のセラピーとして「犬」を探す際に、そのお店の犬を見かけましたが

「ミックス犬」とあったので、将来どこまで大きく成長するのかわかりません。

そのため、あきらめた経緯がありました。

 

しかし、子供と旅行の際に「ペットホテル」も併設しているので、お店の利用をしていました。

最初は「保護犬」を譲渡することをメインにしたホームページが、どんどん変わっていき

最近になり「しつけ」に関するページが出来上がりました。

 

お世辞にも綺麗なお店ともいえないし、外から見ると「営業している」かすらわかりません。

それは、譲渡のために、引受先のお宅にお邪魔していたり、譲渡会へ参加していたり・・・

不在がちなため、来店の際は「電話予約が必須」です。

昔からある建物なので、以前そこが中古車販売の展示場であったことは記憶にあります。

その車を4~5台は展示できるスペースを利用して、パピー犬のしつけ教室を始めていました。

そのうち「成犬しつけ教室」を始めたので、ペットホテル利用ついでに話しを聞いてみました。

実際に、お店で「教室」をおこなうのではなく、自宅に赴き「ペット教室」をやってるようです。

自宅ならば、子供も加わりやすいので、いいかな。

と、思って申し込んでみました。それが今日初日でした。

子供は最初恥ずかしがっていましたが、しつけ教室の「オリエンテーション」が始まると

隣に座り、話しを聞くことができました。

 

そして、今まで、「私が犬に対してやってはいけない」と何度も注意していたことが

どうしていけないことなのか、少し理解してくれたようです。

次回からは本格的な「しつけ」のための時間になりますが、

子供のためにもしっかりと時間を無駄にしないように、犬も家族の一員として

楽しく暮らせるように子供と一緒に頑張っていこうと思います。

 

 

「自分だけは特別」と思いがちな発達障害の子供の特性

返信を残す